クリクリ笹木クリクリ笹木

こんにちは、クリクリ笹木です。
山梨県の中学一年生の女子生徒が、
マスクの品薄状態で困っている高齢者を見て、
手作りのマスクをたくさん作ったそうです。


瀧本紗也香瀧本紗也香

こんにちは、瀧本です。
とても優しく、行動に移せる勇気も持っていますよね。
私もつい自分のことばかり考えてしまいますが、
こんな状況だからこそ彼女を見習わないといけませんね。
今回は広島県廿日市市で瓦屋根の棟積み替え工事を行いました。



工事情報

工事内容:瓦屋根の棟積み替え工事

築年数:26年前後

【工事前】


【工事後】


工事の様子

今回、依頼のあった棟の状態は悪く、

漆喰の塗り替えのみでは完全な補修は困難でした。

棟自体が歪んでいる、下地である防水紙などが傷んでいる、

棟瓦がずれているなどの症状がみられた場合は、

今回のように棟の積み替え工事を行います。

 

それでは工事開始です。

まず、既存の棟を撤去します。傷んだ棟は崩れやすくなっていますから、

下へ落とさないよう慎重に作業をします。

以前に作られた棟の土台には葺き土が使用されていました。

廃材を下へ落とさないよう一か所に集め、掃除します。

この際に取り外した瓦が傷んでおらず、

再利用可能であれば別に保管しておきます。

瓦や葺き土などの重量のあるものが落下すると、

庭や車、外壁などを傷つける恐れがあります。

目の届く範囲で管理をし、廃材を屋根の下へ移動させます。

清掃後は下地から設置します。

写真のシートはルーフィングシート(防水紙)と呼ばれ、

雨水を吸収する役割があります。

このルーフィングシートが剥がれたり、

一部破れてしまうと雨水が内部へ流れてしまう原因にもなります。

この下地の交換は棟を一度崩す必要がある為、

漆喰の塗り替え工事などの部分補修ではすることができません。

棟の積み替え工事の際に必ず下地の状態も確認しておきましょう。

次に強力棟金具と垂木を取り付けます。

この2つが棟の土台となる大切な箇所になります。

以前は葺き土を土台とした棟が多かったのですが、

現在は棟の重さを軽くし、屋根・住宅にかかる負担を軽減する目的から

写真のように垂木を土台として棟を積むようになりました。

次に棟周辺の瓦を並べ、垂木の周りに漆喰を塗ります。

漆喰は水性絵具のように塗りやすいものではありません。

実際は粘り気もあり、適量を綺麗に塗ることは慣れるまで困難です。

最後に雁振(がんぶり)瓦を被せて施工完了となります。

瓦屋根の大きなメリットの1つが、耐久性が非常に高いということです。

瓦は施工後に表面を釉薬でコーティングしているので、

長期間にわたって水が染み込むことがなく、安心して住むことができるのです。

しかし、瓦屋根は「耐久性の高い瓦」のみで作られているのではありませんよね。

今回、施工した棟には瓦以外にも、

葺き土、ルーフィングシート、漆喰、強力棟金具など多くの建材が使用されています。

上記に挙げたものは、瓦のように釉薬でコーティングされていませんので、

瓦と同じ条件でも劣化するスピードは速くなります。

クリクリ笹木クリクリ笹木

お住まいに長く安心して住むために大切なことは、
定期的なメンテナンスです。屋根も瓦だからと安心せず、
築年数の多いお住まいは専門家に診断をしてもらいましょう。


瀧本紗也香瀧本紗也香

笹木監督、ありがとうございました。
手洗いを促す、シャチハタの手洗い用の練習スタンプの
売り上げが増えているそうです。
コロナウイルスの流行もまだ終息しません。
私たちができる対策を怠らずに行いましょう。
瓦屋根以外にもキッチンやお風呂などのリフォームも取り扱っております。
お気軽にご相談ください。