阿部でございます阿部でございます

こんにちは、阿部でございます。
本日3月28日は、語呂合わせから「三ツ矢サイダーの日」です。
歴史は古く、なんと明治17年に発売が開始されたそうですよ!

小田佳奈小田佳奈

こんにちは、小田です。
なんと、136年前ですね!
現在の日本の最長寿の方は117歳との事なので、
それよりも長く販売されているとは驚きです。
これからも歴史を繋いでいきたいですね。
今回は、広島県廿日市市でクロスの追い貼り内装工事を行いました。。

工事情報

工事内容:クロス追い貼り工事/屋根補修工事
築年数:28年前後

【工事前】


【工事後】


工事の様子

壁紙は紙や樹脂系の素材で作られている為、

傷を付けてしまったり、水をこぼして濡らしてしまう等

日常生活の中でも簡単にトラブルが起きやすい箇所です。

他にも、地震や車の通過等による振動や

下地が温度や湿度によって膨張、収縮を繰り返す事で

衝撃を受け、ひび割れるケースもあります。

阿部でございます阿部でございます

その他にも住宅の耐久性に関わる様な歪みが原因の場合もあります。
そのままにせず、何が原因か専門の方に見てもらいましょう!

小田佳奈小田佳奈

今回は、クロスの追い貼り工事の様子をお伝えします。

 

室内の家具や家電を移動し、工事開始です。

今回は、既存の壁の上に新たな壁を作る

追い貼り工法で補修を行いました。

その為、壁から突出した部分が少ないコンセントカバー等は

施工前に一度外して、シートなどで養生をしておきます。

次に工具を使用し、既存の壁の上に新たな下地材を設置していきます。

下地にはベニヤ板を使用しました。

下地材同士の繋ぎ目等の凹凸は、完成後の見映えにも影響を与えます。

パテ処理やヤスリで削る事で、表面を綺麗に平らな状態にします。

そして糊を付け、乾かない内に新たな壁紙を貼っていきます。

大きな1枚の壁紙をズレがない様に貼り付けていくのは、

職人の腕の見せ所とも言えますね。

空気が入らない様、丁寧に調整し仕上げていきます。

コンセントカバー等を再度取り付け、清掃を終えたら工事完了です。

 

壁は汚れやすい場所なので、素材や色は選ぶ際にとても重要です。

阿部でございます阿部でございます

理想のインテリアや
お住まいの環境から汚れにくい素材等
リフォームの前にはしっかりと業者の方や担当者と相談をして
より快適な生活を手に入れましょう!

小田佳奈小田佳奈

阿部さん、ありがとうございました。
コロナや東京五輪等、溢れる情報に
心落ち着かない日々が続いていますね。

この休日は、桜の優しさに包まれて穏やかに過ごせますように!
お住まいのリフォームをお考えの方は、
いつでもお気軽にご相談くださいね。