恩返し亀岡恩返し亀岡

こんにちは、亀岡です。
本日4月1日はエイプリルフールですね!
古来、フランスは4月1日を新年の始まりとしていましたが、
1564年に1月1日から始まるグレゴリオ暦が採用され
反発した人たちが4月1日を
「嘘の新年」と騒ぎ立てた事が由来らしいですよ!

山根夕佳山根夕佳

こんにちは、山根です。
長い歴史のあるイベントなんですね!
せっかくのエイプリルフールなので、
思い切った嘘を付くのも面白いかもしれないですね。
今回は、広島市安佐南区で和室のジュラク壁の補修工事を行いました。

 

工事情報

工事内容:聚楽壁塗替え工事
築年数:39年前後

【工事前】


【工事後】


工事の様子

今回はジュラク(聚楽)壁という土壁の一種が使用されていました。

近年、珪藻土など自然素材が注目されていますが、

土壁も環境や人体に優しい自然素材です。

ジュラクはきめ細やかで上質な土が使用されています。

しかし、経年劣化によって剥がれ落ちたり汚れやすかったり

地震等の衝撃によって、ひび割れが生じやすいといった脆さが弱点でもあります。

恩返し亀岡恩返し亀岡

ひび割れはどんどん広がってしまいやすいので
早めに補修を行いましょう。

山根夕佳山根夕佳

今回は、聚楽壁塗替え工事の様子をお伝えします。

 

工事開始です。

まずは、壁付近の家具や家電を移動させたり

ジュラクが付着しない様、戸や襖にシート等で養生をします。

 

そして、既存のジュラクを撤去していきます。

強く下地と密着している箇所には、剥がし材を使用します。

剥がし材を塗布した後、少し時間を置き

乾かない内に下地が傷付かない様、丁寧に剥がしていきます。

こちらが剥がし終えた状態です。

 

次にジュラクを塗る作業に入ります。

まずは、白い塗料を使用し下塗りを行います。

工事後の美観に関わる上塗り材が

しっかりと下地に密着し、長持ちするよう繋ぐ役割を行います。

 

下塗り材が乾燥したら、仕上げの上塗り材を塗布していきます。

職人の手によって滑らかな表面に仕上げられていきます。

 

ジュラクが乾燥したら、工事完了です。

 

ジュラクは自然素材であるが故に、気温や湿度にはとても敏感です。

補修の時期については、湿度の高い梅雨の時期や

気温の低い冬は避けた方が良いと言われています。

恩返し亀岡恩返し亀岡

内装材には様々な種類があり、特性もそれぞれ異なります。
仕上がりのイメージや工事のタイミングについては
担当の方や業者としっかりと打合せをしましょう!

山根夕佳山根夕佳

亀岡さん、ありがとうございました。
今日から新年度がスタートしましたね!
新型肺炎の影響等で、入社式や入学式が例年とは異なる形で
行われる所も多いです。
慣れない環境で疲れが出る事もあると思いますが
免疫力アップの為に、しっかりと休息もしましょうね。
キッチンや床、内壁などの内装工事も行っております。
お気軽にご相談ください。