グレイト石川グレイト石川

こんにちは、グレイト石川です。
宮崎市でマンゴーの花が満開になっているそうです。
桜のみではなく、この季節は色々な花を見て楽しみたいですね。



人総部T女史人総部T女史

こんにちは、Tです。
綺麗な花を見ると、なんだか楽しくなりますよね。
今回は広島市佐伯区でスレート屋根の葺き替え工事を行いました。



工事情報

工事内容:スレート屋根の葺き替え工事
築年数:30年前後

【工事前】


【工事後】

 


工事の様子

それでは工事開始です。

まず、既存のスレ-トの撤去を行います。

次に屋根材を支える垂木を打ちます。

垂木は木材でできる為、雨水が入ったりしてしまうと腐敗することがあります。

耐久性が低下してしまう原因にもなりますので、

屋根の工事をする際には必ず確認をしておきましょう。

次に胴縁を打ち込みます。

胴縁とは板の打ち止めをする下地として、設置する幅の狭い木材です。

ずれないように注意しつつ、一本一本釘で止めていきます。

最後に波トタンを貼ります。トタンには長さが決まっていますので、

一定間隔で固定しつつ、施工していきます。

段々と屋根の完成図が見えてきましたね。

屋根全体に波トタンと施工すれば、施工完了です。

屋根の葺き替え工事は葺き替える屋根の範囲や劣化状況、

使用する材料によっても工事にかかる費用は変わります。

しかし、葺き替え工事は一部ではなく全体を一度撤去し、

再度交換・施工する工事になる為、屋根工事の中でも大きな工事の1つです。

今回葺き替えしたスレート素材は、耐用年数は約20年程度です。

10年を超えるとひび割れや欠け、反りなどが発生するようになります。

屋根の現在の状況を確認しつつ、

ご予算と相談しながらメンテナンスをすることが大切です。

グレイト石川グレイト石川

屋根の工事には今回の葺き替え工事以外にも、
新しい屋根材を既存の屋根の上から被せて施工する、
カバー工法と呼ばれる方法もあります。
あなたの家の屋根を補修する際にどちらを選択するかは、
現在の屋根の劣化状況や環境などを考慮し行わなければなりません。
まずは専門家に相談して、適切な施工が出来るようにしましょう。

人総部T女史人総部T女史

石川監督、ありがとうございました。
昨日は例年でも多くの企業で入社式が行われます。
しかし、今年はコロナウイルスの流行を受け、
入社式が延期になった企業や
テレビ会議での入社式を行う企業もありました。
個人や企業が協力して感染拡大の防止に努めたいですね。
屋根・外壁などお困りごとがありましたら、
お気軽にご相談ください。