ハイボール竹本ハイボール竹本

こんにちは、ハイボール竹本です。
鳥取県では満開の桜とパンジーが
楽しめる花回廊があるそうです。
多くの花が一度に咲いている姿は
写真で見てもとてもきれいですね。



瀧本紗也香瀧本紗也香

こんにちは、瀧本です。
ご近所や庭など身近なところでも春を感じることができます。
この週末は多くの県で外出自粛が要請されていますが、
家の中でも春が楽しめると癒されますね。
普段見ることができなかった景色を
この機会に楽しんでみるのもいいかもしれませんね。
今回は広島市南区でクロスの貼り替えなど内装工事を行いました。

工事情報

工事内容:クロス・天井貼り替え内装工事

築年数:24年前後

【工事前】


【工事後】


工事の様子

それでは工事開始です。

まず、既存の天井を撤去します。

次に天井を貼り替えます。

新しい天井板を隙間なく、ずれないように貼り合わせてきます。

次に廻り縁(まわりぶち)の取り付けです。

廻り縁とは、天井と壁との間に仕上げに取り付ける枠の事です。

廻り縁を取り付けていない状態の間では、

天井や壁のつなぎ目が私たちからも見えることになります。

せっかく綺麗に天井やクロスを取り付けても端が汚かったり、

無駄な隙間が出来てしまうと台無しになってしまいますよね。

廻り縁の役割は、つなぎ目を綺麗に見せる役割があるのです。

以上で、天井の貼り替えは完了です。

次にクロス貼り替えに移ります。

こちらも天井の時と同様にまず既存クロスを剥ぎ取ります。

力任せに剥ぎ取ると、壁の下地まで傷めてしまう可能性があります。

次にパテを塗ります。

パテとは、塗装の下地処理やキズの隠蔽などに使用される充填材です。

パテの種類にも様々あり、

石膏パテや瞬間接着パテなどもあります。

建築では固まると金属のように固くなるエポキシ系のパテや

充填がしやすい炭酸カルシウム系パテなどが使用されています。

次にパテを塗った範囲にクロスを貼ります。

しわや折り目が出来ないように伸ばしつつ、貼り付けます。

以上で施工完了です。

 

クロスなどの室内の貼替目安は約10年です。

しかし、生活環境や状況によってはこの年数は前後しますので、

あくまで一般的な目安として捉えておきましょう。

クロスや天井の色は、室内のイメージに大きく影響します。

色は意識せずとも私たちを興奮させたり、食欲を促したり、

リラックスさせたりと様々な効果があるのです。

例えば、寝室の壁紙を真っ赤にするとどうでしょうか?

多くの方がなんだか落ち着かない、

リラックス出来ない状態になります。

では白や少し暗めの色にするとどうでしょうか?

黄色は?青色は?

このように色によってあなたが感じることをイメージが大切です。

 

ハイボール竹本ハイボール竹本

貼り替えリフォームの工事は、住宅リフォームの中でも
安価で簡単に部屋の雰囲気を変えることが出来ます。
色を変える際には、サンプルを確認するなど
貼り替えた後のイメージも考える様にしましょう。

瀧本紗也香瀧本紗也香

竹本所長、ありがとうございました。
コロナウイルスの流行を抑える為、
日本各地では多くの地域で
この週末の外出自粛が言われています。
日本に限らず海外でも多くの方が感染しています。
あなたやあなたのご家族、大切な人の命を守るためにも
ここはぐっと我慢して、
落ち着いた後にみんなで楽しめるようにしましょう。
屋根や外壁だけでなく、室内のクロスや天井の内装工事も行っています。
お気軽にご相談ください。