もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

こんにちは、藤崎です。
兵庫県の天王寺動物園で
キリンの赤ちゃんが誕生したそうです。
ここ最近はいいニュースが少ないですが、
このようなニュースを聞くと元気が出ますね。


山根夕佳山根夕佳

こんにちは、山根です。
そうですね。キリンは動物園でも人気者ですから
元気に成長して、かわいらしい姿を見せてほしいですね。
今回は広島市東区で瓦屋根の漆喰補修工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根漆喰補修工事

築年数:22年前後

【工事前】


【工事後】


工事の様子

工事開始です。

まず既存の傷んだ漆喰を撤去します。

次に新しい漆喰を塗るための下準備を行います。

漆喰は水彩絵の具のようにさらさらと塗りやすくはなっていません。

実際は粘り気があり、適切な量を綺麗に塗ることは困難な素材なんです。

また、漆喰下の葺き土との密着性が低いと簡単に剥がれてしまいます。

その為、新しい漆喰を塗る前に、一度霧吹きで表面を湿らせ

漆喰と葺き土が密着しやすい下地作りを行います。

次にいよいよ新しい漆喰を塗ります。

専用の道具を使い、適量になるように施工します。

漆喰の量は屋根の形や状態によって変わることが多く、

お住まいごとに適量は変わってきます。

その為、「○○gが適量です」と一概に言うことはできず、

施工する職人の腕や経験が必要となります。

漆喰を塗り終えましたら、瓦の位置を調整します。

瓦屋根の劣化ポイントは漆喰だけではありません。

瓦自体も年数が経過すると、次第に少しずつ動き出してしまうのです。

漆喰の補修工事をする際には、漆喰のみではなく

瓦の状態や位置を確認してもらい、必要があれば直してもらうようにしましょう。

以上で施工完了です。

 

漆喰に限らず屋根の上での作業は傾斜や高さもある為、危険を伴います。

多くの現場を経験し慣れているはずの職人でさえ、

屋根に上がって作業することは危険と隣り合わせで、

常に注意しておかなくてはなりません。

今はインターネットなどで手軽に材料を揃えて、

ご自身で修理される、という方も増えてきました。

しかし、先ほどご紹介したように

漆喰にも施工手順や適量があり、適切な施工を行わなければ

短期間で劣化してしまうだけではなく、

傷んでいなかった別の場所を劣化させてしまう原因にもなります。

もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

今のお住まいに長く安全に済む為にも、
まずは専門家に相談し、適切な施工が出来るように心掛けましょう。


山根夕佳山根夕佳

藤崎部長、ありがとうございました。
なかなか気軽に外出が出来ない日々が続いていますが、
インターネットを通じて帰宅後に、
テレビ電話で飲み会をしている方もいるそうです。
工夫を凝らして、いつもと違う飲み会を楽しむのもいいですね。
屋根・外壁などお困りごとがありましたら、
お気軽にご相談ください。