山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

こんにちは、山崎です。
神石高原町の道の駅では、
ドライブインシアターが開催されるとの事です!
40台限定で車に乗ったまま巨大スクリーンに
映し出される映画を鑑賞するそうですよ。
安全にいつもと違う映画鑑賞を楽しめるとは、素敵ですね。

人総部T女史人総部T女史

こんにちは、Tです。
自然に囲まれた場所なので気分転換にもなりそうですね!
家の中等で楽しめる安全な娯楽を見つけて行きたいですね。
今回は、広島県廿日市市で塗膜が剥がれた外壁の塗装工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装工事
築年数:25年前後

【工事前】


【工事後】


工事の様子

今回使用されていた外壁はモルタル外壁と呼ばれ、

新築時外壁の表面を塗料を吹き付けて仕上げられます。

吹き付け塗料の耐用年数は平均で約10年である為

その頃になると今回の様に下地から塗膜が浮き剥がれる等の劣化が見られ始めます。

山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

補修の際には、手塗りでしっかりと塗装を行います。
表面のメンテナンスによって建物自体を守り、
お住まいの健康寿命を延ばしましょう!

人総部T女史人総部T女史

今回は、外壁塗装工事の様子をお伝えします。

 

工事開始です。

今回は2階の外壁も施工する為、足場・保護シートを設置した後

外壁の汚れを洗い流していきます。

強い水圧の出る高圧洗浄機を使用し、一気に外壁にこびり付いた汚れを落とします。

水分が残ると完成後の塗膜に不具合が生じる為、

季節にもよりますが1~2日かけて乾燥させます。

 

次に下地の補修に入ります。

剥がれた塗膜の周辺の浮いた塗膜や表面に現れ、

脆くなった下地などを剥がしていきます。

下地はセメントが主原料であるモルタルが使用されています。

補修も同じモルタルを左官で塗っていき、表面を平らにします。

モルタルも数日掛けてしっかりと乾燥させます。

 

そして、塗装の工程に入ります。まずは下塗りです。

補修をした下地の上から白色の塗料が塗られています。

しっかりとカバーされていますが下塗りは美観を整える為でなく、

傷んだ下地を保護し、仕上げの塗料を綺麗に色付ける働きをします。

 

下塗り塗料が乾いたら、仕上げの中塗り・上塗りを行います。

写真の通り、今回はクリーム色の塗料を使用しました。

この塗料は重ね塗りを行います。

1度の塗装ではどうしても色ムラや塗り残しが出来てしまいますし

塗膜を厚くする事でより頑丈になり、下地を保護する塗膜が形成されます。

 

塗料が乾いたら足場や保護シートを解体し、工事完了です。

 

下地のモルタル材はセメントのイメージから頑丈に思いますが、

防水性がない為、水を吸い込む事で脆くなり

ひび割れたり剥がれ落ちる恐れがあります。

山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

下地にひび割れが生じると
そこが入口となり、建物の内部に雨水が行き渡る可能性があります。
人体に影響のあるカビの発生や、
湿気を好むシロアリをおびき寄せる可能性もあるので
表面の劣化を見つけたら、早い内に専門の方に見て貰いましょう。

人総部T女史人総部T女史

山崎部長、ありがとうございました。
新型肺炎の感染者が全国的に急増していますが
広島も他人事ではなく既に何人もの感染者が出ています。
感染拡大を防ぐ為にも、手洗い・うがいは徹底しましょうね。
お住まいに関するお困りごとがありましたら、お気軽にご相談ください。