レインボー小泉レインボー小泉

こんにちは、レインボー小泉です。
広島市のとある喫茶店では外出自粛を受け、
ランチメニューやパフェの持ち帰りを開始しました。



寺本園子寺本園子

こんにちは、寺本です。
美味しいランチメニューやパフェが持ち帰って
食べれるのはうれしいですね。
今回は広島市安佐北区で屋根カバー工事を行いました。

工事情報

工事内容:屋根カバー工事

築年数:25年前後

【工事前】

【工事後】


工事の様子

それでは工事開始です。

まず防水紙を貼ります。カバー工法の特徴の1つが、

「廃材が少ない」ということです。

屋根工事の1つに「葺き替え工事」と呼ばれる工法がありますが、

葺き替え工事は古い屋根材を撤去し、

下地から新しいものと交換するため、廃材が多く出ます。

一方、今回のような「カバー工法」では、

古い屋根材の上から覆うように下地から屋根を取り付けていくため、

廃材が少なく施工が出来るのです。

今回も古い屋根材の上から、防水紙を貼って下地を作ります。

次に新しい屋根材を取り付けます。

屋根材の取り付けは、隙間がないようにしなければなりません。

また、屋根の上では傾斜もありますので足元に注意しつつ施工します。

屋根材の取り付けが終わりましたら、棟板金を設置します。

棟板金とは、スレート屋根の頂点部分に被せて設置する金属製の板のことです。

屋根は雨を直接受ける場所です。屋根材を貼り合わせたのみでは、

頂点部分に隙間が出来てしまい、雨漏れしてしまいます。

そこで、この頂点部分を保護するのが「棟板金」と呼ばれる部位となります。

一方で棟板金は雨風の影響を受け劣化しやすいので、

屋根材以外にも定期的な診断が必要となります。

突風により傷んだ板金が飛んでしまう、なんて事故も

起こっていますので、しっかりチェックしておきましょう。

こちらには水切り板金を取り付けます。

棟板金と同様に雨水の侵入を防ぐ上で大切な部位となります。

板金を取り付け後、屋根の上全体を清掃します。

以上で施工完了です。

 

屋根カバー工法は工事期間が短く済んだり、

工事中でも普段と同じように生活できるなど多くのメリットがあります。

また、屋根が二重になる為、

遮熱性・遮音性が向上するといった効果もあります。

一方で、瓦屋根には施工が困難であることや

屋根の重量が少し重くなってしまう

といったデメリットもあることを忘れてはいけません。

 

レインボー小泉レインボー小泉

屋根の工事は金額安くはない為、
せっかくの施工するのですから、適切な施工をしたいですよね。
そのためにはまず専門家に現状を見てもらい、
あなたのお住まいに合った施工が出来るようにしましょう。

寺本園子寺本園子

小泉監督、ありがとうございました。
4月8日はお釈迦様が誕生した日とされています。
仏教には様々なお話がありますが、
現在でも多くの方の心の拠り所となっていますよね。
屋根・外壁などお住まいで何かお困りごとがありましたら、
お気軽にご相談ください。