本田ブルー本田ブルー

こんにちは、本田ブルーです。
1980年代に「リンゴダイエット」が大ブームになりましたね。
当時は生のリンゴをそのまま食べていたそうですが、
リンゴを焼くだけでダイエット効果がさらに増すそうですよ!

寺本園子寺本園子

こんにちは、寺本です。
なぜ焼くだけでダイエット効果が増すんですか?

本田ブルー本田ブルー

リンゴに含まれるペクチンには、
肥満の原因となる悪玉コレステロールの体外排出を促進する働きと
整腸作用を高める効果が含まれています。
リンゴを焼くだけで、ペクチンの量が増量するんだそうですよ!

寺本園子寺本園子

ペクチンにはそんな効果があるんですね。
簡単にダイエット効果が増すので、是非試したいです!
先日お客様から
「屋根が色あせしてきましたし、うっすらと緑の汚れが付着しています。
一度確認してもらえませんか?」とご連絡頂き
広島市西区で苔が発生した屋根の修理診断を行いました。

確認したところ、屋根全体が色あせし、

一部かけている箇所も見られました。

また、所々に苔が生えている状態でした。

瓦屋根の寿命は50年以上あるのに対し

スレート屋根は、その半分程度の約20年~30年が目安だといわれています。

スレートは季節の寒暖差や温度変化が原因となり次第に劣化していきます。

また、屋根材に含まれる水の体積が

雨天時や冬場の凍結・溶解で変化し、スレートの成分が少しずつ剥がれていくのです。

防水効果が低下したスレートは、雨水を吸収しやすくなりますし

塗料の劣化によって表面がザラザラになるためコケの胞子がつきやすくなります。

また、比較的日の当たりにくい北面の屋根は

湿気が溜まりやすく、特にコケが発生しやすい箇所です。

 

スレートなどセメントが主成分の屋根材は、約7~10年ほどで防水効果が低下していきます。

屋根についた苔をそのまま放っておくと、スレートは常に水分を含んだ状態になっている為

脆くなり、表面が割れやすくなるなど雨漏りの原因になってしまいます。

苔が屋根材の寿命を縮めてしまう事もあるのです。

本田ブルー本田ブルー

スレートの劣化が酷くなると塗装では対応できなくなるので
葺き替え工事が必要となり、修理費用が高額になってしまいます。
屋根を長持ちさせる為にも定期的なメンテナンスを心掛けましょう。

寺本園子寺本園子

本田係長、ありがとうございました。
旧市民球場跡地では3月から全国都市緑化フェア
「はなのわ2020」が行われているそうです。
梅雨前に人が少ないタイミングをみて
マスクや「3密」を避けるなど予防をして、出かけてみるのも良いですね。
屋根や外壁の事なんでもご相談下さい。