恩返し亀岡恩返し亀岡

こんにちは、亀岡です。
先週末は休業要請解除後、初の週末であったこともあって
広島市中心部では多くの買い物客で賑わったそうです。
ニュースで映像を見ましたが、とても多くの方がマスクをしました!

人総部T女史人総部T女史

こんにちは、Tです。
これまでの日常に、マスクや3密防止の徹底など「新しい生活様式」を加える事で、
安全に毎日を楽しく過ごせる様、みんなで力を合わせていきたいですね!
今回は、東広島市でスレート屋根の塗装工事を行いました。

工事情報

工事内容:スレート屋根塗装工事
築年数:40年前後

【工事前】

【工事後】


工事の様子

今回は、スレート屋根に苔が生えていました。

スレート屋根の原料はセメントであり、防水性がありません。

表面を塗料で覆う事で防水性は補われています。

苔は、水槽の中や湿気が溜まりやすい箇所など、水分の多い場所に発生します。

屋根に苔が発生しているという事は、表面の塗膜の劣化によって

下地が水分を吸収しているというサインなのです。

恩返し亀岡恩返し亀岡

硬いセメントも水分を吸収する事で脆くなり
屋根材が破損して、雨漏れが発生する恐れがあります。
重症化する前に補修をするよう心掛けましょう!

人総部T女史人総部T女史

今回は、屋根塗装工事の様子をお伝えします。

 

工事開始です。

まずは、苔や汚れなどを落としていきます。

今回は、苔が屋根材に強くこびり付いていたので

まずは専用のタワシを使用して、手作業で苔を落としていきます。

 

そして、高圧洗浄機を使用して

強力な水圧で汚れをスムーズに落としていきます。

これらの汚れが残ってしまうと、塗装を行っても

早々に塗料が剥がれる等の不具合が発生しますし、美観も良くなりません。

隅々まで丁寧に行います。

 

数日掛けて水分が乾燥したら、屋根材の隙間にタスペーサーを差し込みます。

屋根材同士の隙間には、屋根内部に入った雨水を排出させたり

通気性を確保する役目があります。

上から塗装を行うことで塞いでしまうので、

塗装を行う前にタスペーサーを差し込み、隙間を確保します。

また、塗装後にカッターで隙間を確保する縁切りを行う事もあります。

 

次に塗装の工程に入ります。まずは下塗りです。

透明な塗料を劣化状況に応じて、複数回塗っていきます。

 下塗り塗料には、屋根の表面を整えるだけでなく

この後に塗る、中塗り・上塗り塗料と屋根材の密着性を向上させる効果があります。

 

下塗り塗料が乾燥したら、中塗り・上塗りを行います。

この工程では、同じ塗料を重ね塗りをします。

塗料を一度塗っただけでは塗膜が薄く、色ムラや気泡が目立つようになります。

重ね塗りをすることで塗膜が厚くなり、耐久性が向上しますし

色ムラや気泡を防ぎ、外観を整えることが出来ます。

 

棟板金などの塗装も行い、工事完了です。

 

もしも、今回の様に屋根の表面だけでなく、屋根材自体の劣化が進行していたら

高圧洗浄の際に水圧によって屋根材が破損する等、屋根材が再利用できず

葺き替え工事といった大きな補修が必要になります。

恩返し亀岡恩返し亀岡

人間の体と同じく、住宅も重症化すればする程
コストや工期がかさんでしまいます。
劣化を早い内に見つけられる様、定期的に専門の方に見てもらいましょう!

人総部T女史人総部T女史

亀岡さん、ありがとうございました。
スレート屋根だけでなく、瓦屋根や金属屋根など様々な屋根のメンテナンスを行っております。
お気軽にお問い合わせください。