漆喰をご存じですか?

日本家屋や武家屋敷、お城の屋根や壁に使用されており、古くから私たち日本人の身近にある素材です。

世界の歴史から見ると、なんと約5,000年前の

エジプトのピラミッドでも使用されていたと言われる漆喰ですが、

実は、ウイルスと戦っている今のこのご時世にもピッタリの様々な驚きの機能を持っています。

 

抗ウイルス・抗菌機能

漆喰は、細菌の生育・増殖を抑制します。

インフルエンザウイルスやカビ菌等の細菌の繁殖の抑制・感染力抑制も認められています。

抗菌剤・防カビ材などの有機化合物は含まれておりません。

ある調査で、鳥インフルエンザH5N1のウイルスと漆喰を接触させたところ

なんと30分後にはウイルスが消滅したという結果となりました。

引用元:関西ペイント|人にやさしい|漆喰塗料アレスシックイ

調湿・結露抑制機能

消石灰の多孔質構造によって室内の湿気を吸収、

乾燥している時には放湿することで、湿度を快適に保ち、結露を抑制します。

 

消臭機能

ペットや生ごみの気になるニオイの原因物質は、お部屋中に漂っています。

漆喰はそういったイヤな生活臭を吸着し、浄化します。

 

有害物質・二酸化炭素吸収機能

シックハウス症候群をご存知ですか?

住宅の建材や内装、家具などに含まれる化学物質が原因となり起こる様々な健康障害を指します。

漆喰は、原因となるホルムアルデヒド等の有害な化学物質を吸収・分解します。

また、漆喰の主成分は消石灰であるため

空気中の二酸化炭素を塗膜中に取り込み、徐々に消石灰化していきます。

 

防火認定材

漆喰は、ほとんどが無機質であり不燃材料です。

古くから知られ、お城や住宅の内装材に使用されていました。

国土交通省防火認定材料適合品です。

 

 

私たち正光技建は、そんな漆喰を使った

独自のウイルス対策をご用意いたしました!

 

今、注目されているオリジナル シックイパーテーション

アレスシックイが両面に施されているパーテーションです。

パーテーションとは、空間を区切る為の簡易壁です。

設置する事でプライベートな空間を作る事ができ

デザイン性だけでなく、集中力や作業効率の向上にも期待できます。

置くだけなので、家具を移動させたり養生をする必要がありません。

※特許申請準備中

*写真はプロットタイプです。

 

漆喰本来の良さをフルに発揮させる壁への塗装

壁全面にアレスシックイを塗装するので、絶大な効果が期待できます。

既存の壁紙の上からも施工可能です。

 

 


 

 

ウイルス予防として、

手洗い・うがい・マスクの着用 は従来から主流であり、

ここ数か月のコロナ禍の中で、私たちの日常生活にも深く根付いてきました。

 

更に、令和2年5月4日、安倍首相の記者会見において

「感染拡大を予防する新しい生活様式」が述べられました。

その中には、ニュース等で話題になっている「3密(3つの密)」の回避が含まれています。

3密とは密閉・密集・密接を指します。

では、具体的にどういった場所なのか、ご紹介します。

 

密閉

窓がなかったり、換気ができない・しづらい場所のことで

休業要請が出ていたカラオケボックスや映画館、塾や図書館などがこれにあたります。

部屋の広さよりもどの位、換気が出来るかが重要であり、

デスクワークがメインである職場によっても当てはまるところがあると考えられます。

 

密集

多くの人が集まったり、少人数であっても近距離で集まる場所のことで

テーマパークや大型の商業施設、ライブハウスなどがこれにあたります。

 

密接

お互いに手が届くような近距離での会話や運動をすることで、

家庭や職場、飲食店等どんな場所や場面でも起こり得ます。

また、新しい生活様式の中には、部屋の小まめな換気や

家に帰ったら早く服を着替え、シャワーを浴びる

会話をする際は、真正面を避けるなど...多くの実践例が挙げられています。

知っていたり分かってはいても、なかなか実現するのは難しいですよね。

 

特に、これからの時期は

エアコンを付けると、換気がおろそかになってしまいます。

しかし、漆喰で対策する事で

エアコンから出た空気の対流により、室内のウイルス不活化が期待されます!

 

資料請求や詳細については、下記のページからお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせページはこちら!