レインボー小泉レインボー小泉

こんにちは。レインボー小泉です。
夏になると食器類を透明感のあるガラス食器にしたくなりますよね!
飲み物を注ぐ音や氷の溶ける音、また角度による輝きなどを
五感で受け取り、涼を感じているそうですよ。

山根夕佳山根夕佳

こんにちは、山根です。
確かに、冷たい炭酸水は陶器のコップよりも
ガラスコップに入れた方がよりおいしそうに感じますね!
この夏はガラス食器をコレクションしてみるのも良いですね。
今回は、広島市南区で外壁塗装工事を行いました。

工事情報

工事名:外壁塗装工事
築年数:25年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

外壁塗装の目的には、美観の維持だけでなく外壁材の劣化防止があります。

外壁の塗装が劣化すると塗膜が剥がれ、下地や内部の木材まで腐敗する恐れがあります。

傷みは軽症な内に対処を行わなければなりません。

 

外壁の劣化には、簡単に調べる方法があります。

外壁を触ってみて下さい。

もしも今回のように白い粉が手に付いたら、チョーキング現象という劣化症状です。

塗料に含まれている顔料が劣化して粉状になり外壁から剥がれ落ちている状況です。

他にも、目地のひび割れなどが見られる場合も

外壁材に塗られている塗装が持つ防水性・遮熱性などの性質が落ちているサインです。

レインボー小泉レインボー小泉

早めのメンテナンスを行い、外壁の寿命を少しでも長く伸ばすようにしておきましょう。

山根夕佳山根夕佳

今回は、外壁塗装工事の様子をお伝えします。

工事の様子

工事開始です。

まずは作業用の足場と塗料の飛び散りを防ぐ保護シートを設置し、

高圧洗浄機による洗浄作業を行います。

水圧を調整し、壁面を傷つけないように綺麗に洗浄することで 塗装しやすい表面を作ります。

 

洗浄後はシーリングを補修していきます。

カッターを使用して古くなったシーリングを取り除き、新しいものを充填します。

このシーリングは外壁の表面と同様、紫外線や雨を浴び続けると劣化し

ひび割れた箇所から水や汚れが内部に侵入してしまいます。

目地の部分がひび割れていたり、隙間ができている場合は補修が必要というサインです。

シーリングの補修と同様に外壁のひび割れも補修を行い、塗装作業に入ります。

 

下塗り→中塗り→上塗りと工程を分けて複数回塗料を塗っていきます。

最初の塗装は外壁塗装の基本となる最も重要な作業です。

上に塗る塗料と壁面の密着性を高め、耐久性に優れた塗膜を作っておくことで

ひび割れや塗料の剥がれを防ぎます。

下塗り後は中塗り・上塗りを行います。

塗料は液体なので気泡が発生する為、塗りムラができます。

その為、二回塗装を行うことで塗斑を防ぎ、

塗膜に厚みを付けることで仕上がりが綺麗になります。

塗装が乾きましたら工事完了です。

 

外壁を塗り替える際に、

せっかくだから色を変えたい、おしゃれにしたいと

思われる方もいらっしゃるのではないのでしょうか。

レインボー小泉レインボー小泉

外壁は住宅の外観の大部分を占めています。
ご自身のお好みの色を選ぶことも重要ですが、周辺環境と調和も考えなければなりません。
どんな色だったら違和感がないか、自分の希望に合うかなどを
業者との打ち合わせの際にしっかりと相談をしましょう!

山根夕佳山根夕佳

小泉監督、ありがとうございました。
外壁の傷を放置すると被害はどんどん進行します。
まずは専門家の診断を受けることから始めましょう。
お気軽にお問い合わせください。