ハイボール竹本ハイボール竹本

こんにちは、ハイボール竹本です。
本日で6月も終わりです。
2020年も半年が過ぎたという事ですね!
今年の上半期は、コロナ禍などで慌ただしくて
あっという間に過ぎてしまったように思います。

寺本園子寺本園子

こんにちは、寺本です。
お花見やお祭り等、季節の行事も楽しめなかったので
あっという間と感じてしまうのかもしれませんね。
7月に入ったら、梅雨も明けるので待ち遠しいです!
今回は、広島市安佐北区で床下の補修工事を行いました。

工事情報

工事内容:床下防蟻・調湿工事
築年数:30年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

住宅にとってシロアリなどの害虫被害は、住宅の大きなダメージに繋がります。

床下は湿気が籠りやすいので、お住まいを支えている木材はどんどん水分を吸収していきます。

シロアリは暗い場所を好み、湿気を含んだ木材が好物である為

床下や水廻りの周辺に1度住み着いてしまうと

木材を食い尽くしていき、 建物全体の強度を低下させてしまいます。

ハイボール竹本ハイボール竹本

今の様な梅雨の時期は、
特に湿気が籠りやすくなります。
シロアリが住み着いていないか、現状を把握しましょう。

寺本園子寺本園子

今回は、床下補修工事の様子をお伝えします。

 

工事開始です。

まずは、専用のヘラ等の工具を使用して

木材の表面にこびり付いているカビや埃などの汚れを落としていきます。

この作業をケレン掛けと言い、手作業で削り落としていきます。

 

続いて、漂白剤を塗ります。

漂白剤を塗る事で、木材に出来たカビや変色などの

劣化を受けた木肌を傷めずに復元させる効果があります。

隅々まで塗布し終えたら、乾燥させて塗装作業に移ります。

 

防蟻効果のある塗料「WOODGO」を塗っていきます。

写真の黒い塗料がWOODGOです。

WOODGOには木材を腐朽菌やシロアリから守る効果があります。

また、防水性もあり、木材としっかりと密着する性質である為

長期間にわたってシロアリや湿気からお住まいを守ります。

塗装が完了したら、防蟻処理の工程は終了です。

 

今回は、床下に湿気が溜まりにくくする為に

調湿木炭を敷き詰めました。

木炭には大きな隙間が多くあり、

湿気を吸収したり排出する性質があります。

以上で工事完了です。

 

シロアリ被害は今回のような床下など

普段の生活で見えにくい場所で進行することが多いです。

「被害が出てから工事をすればよい」と考えてしまいがちではありますが、

実際にシロアリや羽アリを見つけたり、

床・部材に違和感を感じるようになってからでは、被害が進行しており

シロアリ・羽アリの駆除や、傷んだ部材の補修等が必要になる場合があります。

シロアリは被害を受ける前にしっかりと予防をしておくことが重要です。

ハイボール竹本ハイボール竹本

今回使用した塗料や薬剤は
約10年程で効果が低下します。
定期的に専門の方に診断をしてもらいましょう!

寺本園子寺本園子

竹本所長、ありがとうございました。
床下や屋根などお住まいでお困り事がありましたら、
ご遠慮なくご相談ください。