修三レッド修三レッド

こんにちは 修三レッドです。
「カープ」の由来にもなっているニシキゴイが
先日、広島城のお堀に150匹放流されたそうです。
広島城のお堀は水質が良く600匹のニシキゴイが元気に泳いでいるそうですよ!

小田佳奈小田佳奈

こんにちは、小田です。
私もニュースで見ました。
1匹1匹、ビニール袋に入れて運ばれ広いお堀に放流され
すごく大変そうな作業でした。
広島城のお堀に行くとコイに餌をやっている人たちの姿をよく見ます。
市民だけでなく、県外から来られた方の
癒しの場所になってくれたらいいですね。

修三レッド修三レッド

プロ野球も開幕しましたし、元気なコイたちに負けないように
カープも 頑張ってほしいですね!

小田佳奈小田佳奈

今回は、スレート屋根の塗装工事を行いました。

 

工事情報

工事内容:スレート屋根塗装工事
築年数:25年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

今回は屋根全体に黒いシミが発生していました。

こちらのお住まいのような屋根をカラーベスト屋根(スレート屋根)といい、

近年では新築住宅で最も多く使用されている人気の屋根材です。

屋根に使用されているスレート材の主成分はセメントであるため

スレート自体には防水性がありません。

防水性を補う為に表面を塗装し保護しているのです。

塗膜は日々、太陽の光や雨風の影響を受け少しずつ劣化していき色褪せていきます。

色褪せしてくると見た目が悪くなるだけでなく、

表面を保護している塗膜が劣化している為、塗膜が剥がれ

屋根本来の耐久性や防水性が失われて、雨風や暑さ寒さなどの

自然環境からお住まいを守る機能が低下してしまいます。

また、防水性が失われると雨水などの水分を吸収しやすくなり

カビや藻などが発生したり、ひび割れか欠けなどの症状が現れます。

修三レッド修三レッド

一度雨水が内部に侵入してしまうと水の通り道ができる為
雨が降るたびに雨水が内部へ浸透していき、内部が腐食し雨漏りの原因となってしまいます。
定期的に専門家にチェックしてもらいましょう。

小田佳奈小田佳奈

今回は、スレート屋根の塗装工事の様子をお伝えします。

 

工事開始です。

まずは、屋根についている埃や汚れを高圧洗浄機を使って綺麗に落としていきます。

洗浄を終えたら、タスペーサーを屋根と屋根の隙間に差し込み

縁切り作業を行います。

表面に塗装を行った際に、屋根同士の隙間を塗料で塞いでしまい

雨水が内部に侵入した際に逃げ場が無くなって雨漏りに繋がってしまう事があります。

塗装前に予め縁切りをする事で雨漏りを防ぎ、隙間を確保します。

 

次に塗装の工程に入ります。まずは下塗り作業です。

下塗り作業には「アレスダイナミックシーラーマイルド」

という塗料を塗布していきます。

下塗り作業を複数回行う事で

下地の表面が整い、メインの塗料と屋根材の密着性が向上します。

 

下塗り塗料が完全に乾いたら仕上げの塗装を行います。

「アレスダイナミックルーフ」という塗料を

中塗り・上塗りと重ね塗りをしていきます。

重ね塗りをすることで色づきが良くなりますし、

塗膜に厚みがでるため防水機能も向上します。

また、今回使用した塗料は紫外線にも強いという効果があるので

屋根材を紫外線から保護してくれます。

塗料が完全に乾いたのを確認し、工事完了です。

 

修三レッド修三レッド

屋根は高い場所にあるため日常生活の中ではなかなか目につきにくい場所です。
定期的なメンテナンスを心掛けましょう。

小田佳奈小田佳奈

川本部長、ありがとうございました。
屋根や外壁など気になる事なんでもご相談下さい。