阿部でございます阿部でございます

こんにちは、阿部でございます。
広島県が開発した柑橘の新品種「瑞樹(みずき)」の試食会が先日行われたそうです。
瑞樹は、広島県と京都大学が15年かけて共同開発し
レモンのような鮮やかな色ですが、甘みがあり
国産では珍しく暖かい季節に食べる柑橘として期待されているそうです。
これから苗木の販売が始まりますが、
私達の食卓にのぼるのは、 早くても3年はかかるそうですよ。

山根夕佳山根夕佳

こんにちは、山根です。
和製グレープフルーツとも言われているそうですね!
そんな味がするか、食べられるようになるのが待ち遠しいですね。
今回は、広島市西区で庇の塗装工事を行いました。

工事情報

工事内容:庇塗装工事、外壁塗装工事
築年数:20年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

庇とは、窓や玄関といった開口部の上部に取り付けられている小さな屋根の事を指します。

屋根同様に住宅の「傘」としての役割を果たしています。

庇は「霧除け」とも呼ばれ、庇が出ていることで窓などを開けっぱなしにしても

小雨程度であれば室内に雨水が侵入するのを防ぐこともできます。

また、暑い夏などは直射日光を遮断し、室内温度の上昇を抑えるだけでなく

フローリングや家具などが日焼けするのを防いでくれる効果もあります。

更に、雨や埃などで汚れやすい外壁も

庇があることで、雨だれによるサッシ周りの汚れや窓ガラスの汚れがつくのを軽減してくれます。

 

そんな庇も長い年月の間、紫外線や雨風に晒され続ける事で色あせし

塗装が剥がれたり、コケやカビなども発生しやすくなるのです。

阿部でございます阿部でございます

庇の劣化をそのまま放置してしまう事で
雨漏りを引き起こす原因に繋がったり、室内に影響を及ぼす可能性も出てきます。
色褪せなどの劣化サインを見つけたら専門家に相談してください。

山根夕佳山根夕佳

今回は、庇の塗装工事の様子をお伝えします。

 

工事開始です。

まず、古くなった塗膜や汚れを落とすため

専用のたわしを使い、手作業でケレン掛けを行って表面を綺麗に整えます。

この下地処理によって錆やコケなどの劣化を抑制できます。

仕上がりを綺麗にするために、塗装前に行う重要な作業の一つです。

 

汚れを綺麗に落とし終えたら、傷んでいる箇所がないか確認し

穴が開いている箇所などあれば補修を行います。

下地の補修後、錆止め塗料を塗布していきます。

錆止め塗料には、錆の発生を抑制する効果があります。

 

錆止め塗料が乾燥したら、仕上げの塗料を隅々まで塗布していきます。

この時、同じ塗料で二度塗りすることで色付きも濃くなり

塗膜が厚く、丈夫になるので劣化もしにくくなります。

 

色ムラがないなどの最終チェックをし、工事完了です。

 

阿部でございます阿部でございます

庇は屋根や外壁と比べて
お住まいにとってあまり目立つ部分ではないかもしれませんが、
雨風や直射日光から大切なお住まいを守ってくれている大切な部分です。
定期的なメンテナンスを心掛けましょう。

山根夕佳山根夕佳

阿部さん、ありがとうございました。
お住まいの事で気になることがありましたら
些細な事でもご相談下さい。