大高下イエロー大高下イエロー

こんにちは、大高下イエローです。
昨日から大雨が続いていますね!
広島市の西区や東区、尾道市など県内各地で土砂崩れが発生しているそうです。
この先1週間は、雨が続くそうなので
地盤の緩い場所などは気を付けたいですね。

瀧本紗也香瀧本紗也香

こんにちは、瀧本です。
昨日からずっと県内各地で避難情報も出ていますね。
昨夜は、河川の氾濫警報なども出ていてとても心配になりました。
いざという時にすぐに持って出られる様に
防災グッズを準備しておいた方が良さそうですね。
命を守る行動をしていきましょう!
今回は、岩国市でフロアの補修工事を行いました。

工事情報

工事名:フロア追い貼り工事・屋根補修工事 
築年数:25年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

フロア(床材)は、私たち人間だけでなく

家具や家電なども含めて常に負担が掛かっています。

特に今回のような玄関付近のフロアは、人の往来が多かったり

外からの影響も受けやすく

キッチンやバスルームなど水廻りとも隣接している事が多いため

劣化が生じやすいポイントです。

大高下イエロー大高下イエロー

床に割れや剥がれが見られたり
踏んだ時にふかふかするようであれば、劣化が生じているサインです。
兆候が見られたら、一度専門の方に相談してみましょう。

瀧本紗也香瀧本紗也香

今回は、フロアの追い貼り工事の様子をお伝えします。

 

工事開始です。

まずは、家具などを移動させ

工事をしない箇所にシートを敷くなどして養生をします。

フロアの補修方法には主に2つあります。

1つ目は貼り替えです。

既存のフロアをすべて撤去し、新たなフロアを設置する方法です。

フロアやフロアを支えている下地が再利用できないほど傷んでいたり、

床束などの構造体に劣化が生じている場合に主に用いられます。

2つ目は追い貼りです。

既存の床の上から、新たなフロアを重ね貼る方法です。

貼り替えと比べて、撤去作業が必要ないため

工期やコストの削減が可能です。

今回は、追い貼り工法で施工しました。

 

まずは、上り框(あがりまち)から設置します。

「家に無くてならぬものは上がり框と女房」ということわざがある様に

玄関に入り靴を脱ぐ際に必ず目に留まる為、とても重要な箇所です。

石やタイルを使用して個性を出すことも可能です。

床の形は必ずしも長方形ではない為、

こちらの写真のように既存の床に合わせて

フロアを形作り、隙間のない様に張り合わせていきます。

端から端まで貼り終え、接着剤が乾燥したら工事完了です。

 

施工方法については、既存の床の劣化具合以外にも

上り框や部屋との間に段差が出来てしまう場合等は

追い貼りではなく、貼り替えが必要になります。

大高下イエロー大高下イエロー

お住まいや場所によって適切な施工方法は異なります。
補修方法については、工事前に業者や担当の方にしっかりと確認をしましょう!

瀧本紗也香瀧本紗也香

大高下所長、ありがとうございました。
お風呂やキッチン、トイレなど内装もしております。
お気軽にご相談ください。