イケメン細川イケメン細川

こんにちは、細川です。
7月6日で西日本豪雨災害から2年が経過しましたね。
鮮明に思い出せるほど記憶に残っています。
私達は風化させない様に、防災にもしっかり取り組み
安全を確保していきましょう。

小田切美恵小田切美恵

こんにちは、小田切です。
ここ数日、熊本や鹿児島ではレベル5の雨が降り続き
冠水している地域もあります。
早めの行動で多くの命が守られることを祈ります。
梅雨はまだ続きそうですので、油断はせず
ニュースなどの情報をしっかり見ておきましょう。
今回は、東広島市で金属屋根の塗装工事を行いました。

工事情報

工事内容:金属屋根塗装工事
築年数:30年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

今回のお住まいの金属屋根では

色褪せや錆などの劣化が見られました。

イケメン細川イケメン細川

金属屋根は素材が軽量で、耐震性に優れています。
しかし、劣化し錆が発生してしまうと拡がっていき
穴が開いてしまう恐れがあります。
穴から屋根内部にどんどん雨水が行き渡り、
屋根を支えている構造体や、室内のクロスまで交換が必要になる恐れもあるので
軽傷な内に補修を行うよう心がけましょう。

小田切美恵小田切美恵

今回は、金属屋根の塗装工事の様子をお伝えします。

工事開始です。

まず、ケレン掛けを行っていきます。

ケレン掛けとは専用のたわしやブラシを使って

表面の汚れや錆を取り除く作業の事を言い、

塗料をより密着させる効果があります。

ケレン掛けが不十分な場合、仕上がりに影響が出るだけでなく

すぐに塗膜が剥がれたり、錆の発生に繋がります。


汚れを落とし終えたら塗装作業に移ります。

この時に傷みがある場合にはシーリング材を充填し

表面を平らに整えます。

そして、錆止め塗料を塗布します。

この塗料には錆の発生を抑制する効果があります。

グレーの塗料ですが表面に色の影響が出る事はありません。

錆止め塗料を塗布し終えたら乾燥させ、

メインの塗料を塗布します。

メインの塗料には藻やカビの発生を抑える効果があり

建物の美観を維持する事が出来ます。

隅々までムラなく塗布したら工事完了です。

 

イケメン細川イケメン細川

金属屋根の劣化のサインとして、
錆・色褪せ・塗膜の剥がれが挙げられます。
また、粉っぽさを感じた場合も劣化のサインですので
放置せずに専門家に相談しましょう。

小田切美恵小田切美恵

細川所長、ありがとうございました。
屋根は環境にもよりますが、10年程で劣化症状が見られます。
定期的なメンテナンスを行い、安全な状態を保ちましょう。
10年以上屋根の状態を見られていない方や
小さな傷みでも気になる箇所がある場合などは
お気軽にご相談ください。