レインボー小泉レインボー小泉

こんにちは、レインボー小泉です。
ついに九州北部から四国・中国地方で梅雨明けが発表されましたね。
いずれの地域も去年より5日、平年より9~11日遅い梅雨明けとなったそうです。
ところで、梅雨ってどうして「梅」と「雨」という言葉が使われているか知ってますか?

濱本葉子濱本葉子

こんにちは、濱本です。
今年は梅雨明けが早いと言われながらも
なかなか梅雨明けしなかったので、特に長く感じましたね。
どうして梅の雨なんですか?

レインボー小泉レインボー小泉

雨が降るので「露(つゆ)」から連想したという説と
「梅の実が熟す頃に降る雨」で「梅雨」と呼んだという説があるそうですよ。

濱本葉子濱本葉子

そうなんですね!私はどちらかと言うと
「梅の実が熟す頃に降る雨」の方が、よりしっくりくるように思います。
これから暑い日が続くと思うので、熱中症には十分気を付けましょう。
今回は、広島市佐伯区で玄関庇の塗装工事を行いました。

工事情報 

工事内容:玄関庇塗装工事
築年数:25年前後

【工事前】

 

【工事後】

 

工事の様子

庇とは、外壁の窓や出入口などの

開口部の上に取付られている小さな屋根の事を言ます。

夏の暑い日差しを遮り、寒い冬は暖かい日差しを取り入れ

雨の日は雨が侵入しないように防いでくれる役割があります。

小さな屋根でも室内環境をより良くし建物への厳しい外部環境から

守ってくれているためお住まいには無くてはならない存在なのです。

 

庇は屋根や外壁とは異なり、あまり視界に入らない為

劣化をしていてもなかなか気づきにくいのが現状です。

しかし、庇も外壁同様に日々、太陽の紫外線や雨風に晒されているので

繋ぎ目部分のシーリングの亀裂や穴、

表面の色褪せや錆といった劣化症状が現れます。

レインボー小泉レインボー小泉

あまり目立たない庇でも劣化が進むと雨漏りの原因に繋がります。
こまめにチェックする事をおすすめします。

濱本葉子濱本葉子

今回は、玄関庇の塗装工事の様子をお伝えします。

 

工事開始です。

まず最初にケレン掛けを行います。

ケレン掛けとは専用のブラシやたわしなどを使って

庇の表面に付いた汚れや、古くなった塗膜を取り除く作業です。

汚れが残ったまま上から新たに塗装をしてしまうと

綺麗な仕上がりになりませんし、劣化を早めてしまう為

綺麗に取り除くことが大切です。

 

穴が開いている箇所などないか確認し、必要な箇所には

シーリング材などを使用し補修を行い表面を整えます。

 

次に塗装作業に入ります。

まず、仕上げの塗料を塗る前に

錆を抑制する効果がある錆止め塗料を塗布します。

錆止め塗料がしっかり乾燥したら、仕上げの塗料を丁寧に塗布していきます。

メインの塗料には汚れにくく環境に優しい塗料を使用します。

塗り忘れや色ムラが無いように隅々まで塗布していき

塗料が乾燥したら工事完了です。

 

レインボー小泉レインボー小泉

雨漏りする前に直すことで、補修費用も抑えられるため
早め早めの発見や、適切な対処が大切です。
定期的なメンテナンス心掛け大切なお住まいを守りましょう。

濱本葉子濱本葉子

小泉監督、ありがとうございまいた。
お住まいのお困りごとはどんな些細な事でもお気軽にご相談下さい。