梅田グリーン梅田グリーン

こんにちは、梅田です。
「ジッパー」「チャック」「ファスナー」は全て同じものを表しますが
「チャック」は日本で生まれた言葉だそうです。
由来は何でしょうか?

濱本葉子濱本葉子

こんにちは、濱本です。
「チャック」とは巾着の“ちゃく”から名付けられたそうです。
世界でも呼び名は色々あるそうですが、
日本では和風な巾着が由来とは驚きですよね。
ちなみにジーンズに使われているものは「ジッパー」と
呼ばれたりしているそうです。
カラオケやたわしなど、日本で生まれた道具や言葉はたくさんあります。
気になった時に調べてみると新たな発見が出来そうですね。
今回は、東広島市で床下の補修工事を行いました。

工事情報

工事内容:床下補修工事
築年数:30年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

今回は、床の軋みが気になるというご依頼を受け

床下に潜って確認した所、束石にひび割れが見られました。

束石は床下の足となる支えの箇所で、土台の役割があります。

ひび割れやズレが生じる多くの原因は、地震などの大きな衝撃です。

梅田グリーン梅田グリーン

束石に傷みを生じると、床が沈み軋みを伴う場合があります。
足元が不安定になると歩行時に転倒の危険もありますので
しっかりと補修を行いましょう。

濱本葉子濱本葉子

今回は、床下の補修工事の様子をお伝えします。

工事開始です。

まず、不安定な箇所にプラスチック製の束を設置します。

木材に比べて強度があり、腐食やシロアリ被害を防止する効果があります。

また、床下の高さに合わせて調節する事が可能です。

束の設置が完了したら調湿木炭を敷いていきます。

調湿木炭には湿気を吸収する効果があります。

全体に敷いたら工事完了です。

 

実は床下は湿気が溜まりやすい場所で、カビが発生する原因となってしまいます。

木材が腐食してしまうとシロアリの繁殖にも繋がり

更に床下を脆くし、耐久性を低下させてしまいます。

また、湿気を含んだ状態を放置してしまうと

床板にシミが発生したり、建物内部にもカビが拡がる恐れがあります。

梅田グリーン梅田グリーン

屋根と同じように、普段なかなか目にする機会の無い床下は
傷みや劣化に気が付く事が難しく、
症状が悪化してから工事を行う場合が多いです。
劣化の早期発見は定期的なチェックが大切です。
また、自然災害の際も影響を受けやすい箇所ですので
災害後はメンテナンスを行いましょう。

濱本葉子濱本葉子

梅田監督、ありがとうございました。
お住まいのSOSのサインを見逃さず
傷みを発見したら専門家に相談し、正しい対処をしましょう。
お住まいの気になる事がありましたら、小さな事でもご相談ください。