梅田グリーン梅田グリーン

こんにちは、梅田グリーンです。
サウナの温度は意外と高く、90~100℃になる場合もありますが
なぜやけどをしないかご存知ですか?

山根夕佳山根夕佳

こんにちは、山根です。
確かに、普通だったら大やけどしそうですよね。

梅田グリーン梅田グリーン

日本の乾式サウナは、湿度100%前後と乾燥した状態です。
サウナに入ると汗をたくさんかいて蒸発する為、
皮膚の周りには水分を含んだ空気の層ができます。
この層が高温の乾いた空気から皮膚を守ってくれる事で、やけどをしないそうですよ。

山根夕佳山根夕佳

湿った空気の層のおかげで、やけどしない訳ですね。
サウナってうまい具合に出来ていますね。
サウナの中で急に動くと皮膚が痛く感じる事がありますよね。
皮膚を守ってくれている空気の層が乱れてしまうと
高温の空気が皮膚に吹き付け、熱風に直接触れてやけどしてしまいます。
やけどをしない為にも、サウナの中ではゆっくり動くようにしましょう。
今回は、東広島市で玄関木部塗装工事を行いまいた。

工事情報

工事内容:玄関木部塗装工事
築年数:20年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

今回は、玄関屋根の木部部分の目地が凸凹になっており、塗装も剥がれている状態でした。

玄関の屋根は、大きく分けて4つの役割があります。

1つ目は、雨や雪が降り込むのを防いでくれる役割です。

屋根がないと雨や雪で玄関ポーチが濡れてしまい、傘を畳む時に雨で身体も濡れてしまいます。

2つ目は、強い日差しが玄関ポーチや玄関の中まで入り込み

熱によって暑さが感じやすくなるので、直射日光を避ける役割もあります。

残りは、汚れを防止する役割とデザイン性です。

玄関があることでおしゃれに見せることが出来ますし、

デザインやカラーを変える事で印象も変わります。

そんな玄関庇も常に雨風に晒され続ける事で劣化していきます。

梅田グリーン梅田グリーン

屋根に比べると小さく一見飾りのように思える庇も
実は室内を快適にしたり、家の状態を良好に保つ役割をしています。
更に玄関は道路に面している為、人の目に付く「家の顔」であり
訪問者が最初に立ち止まる場所です。
家全体の印象を与える玄関だからこそ、常に綺麗な状態にしておきたいですね。

山根夕佳山根夕佳

今回は、玄関木部塗装の様子をお伝えします。

 

工事開始です。

専用のたわしやペーパーを使用して、表面に付着した汚れや

古くなった塗膜を綺麗に取り除いていきます。

この作業をケレン掛けと言い、手作業で行います。

この作業を行なわずに塗装を施してしまうと、

すぐに塗装が剥がれるなどの不具合が生じる他

綺麗な仕上がりにならない為、塗装を行う前に欠かさず行う事が大切です。

 

隅々まで綺麗に汚れを取り除いたら、次に塗装の工程に入ります。

メインの塗装を行う前に下塗り作業を行います。

下塗り塗料を塗布する事で、下地とメインの塗料の密着性や耐久性を向上させ、

塗料が外壁材に染み込む事を防止し、塗りムラや気泡の発生を抑制してくれます。

 

下塗り塗料がしっかり乾燥したら、仕上げの塗料を塗布していきます。

木材専用の塗料には木材の腐食を抑える効果や、

カビや藻の発生を抑える効果があります。

色ムラができない様、しっかりと隅々まで塗っていきます。

塗料が完全に乾燥したら工事完了です。

梅田グリーン梅田グリーン

木材は紫外線や雨・風・空気中のゴミなどの影響を受け
徐々に汚れて劣化しています。
木材を長持ちさせる為にも、定期的なメンテナンスを心掛けましょう。

山根夕佳山根夕佳

梅田監督、ありがとうございまいました。
お住まいに関するお悩み事はお気軽にご相談下さい。