もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

こんにちは、藤崎です。
本日9月17日は「イタリア料理の日」です。
イタリア語で料理を「クチーナ(CUCINA)」と言い
その語呂合わせから、本日が制定されたそうですよ。

濱本葉子濱本葉子

こんにちは、濱本です。
オリーブやトマトの入ったピザ・パスタなど、とても美味しいですよね!
イタリア料理の歴史は、古代ローマ帝国時代にまで遡るほど古くからあるそうですよ。
色彩も鮮やかで、イタリア料理は芸術性もありますよね。
今回は、廿日市市で瓦屋根葺替工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根葺替工事
築年数:25年前後

【工事前】

 

【工事後】

工事の様子

工事前はモニエル瓦という屋根材が使用されていました。

ヨーロッパ発祥の洋瓦であり、お住まいの雰囲気を洋風でお洒落に演出します。

 

モニエル瓦は、劣化症状によって今回のようにが発生します。

なぜ瓦に苔が発生するのでしょうか?

それは、表面の塗膜が劣化して屋根材が水分を吸収しているからです。

モニエル瓦は主成分がコンクリートであり、コンクリートは水分を吸収する性質があります。

そのままでは水分を含んでいく事で耐久性が低下し、屋根材として不十分である為

表面が塗装されています。

もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

劣化をそのままにしてしまうと
屋根材が脆くなる事で、欠けや割れが発生して
雨漏れの原因となる可能性があります。
定期的なメンテナンスを心掛けましょう。

濱本葉子濱本葉子

今回は、瓦屋根葺替工事の様子をお伝えします。

 

今回は、瓦や下地に劣化が見られたので葺替工事を行いました。

工事開始です。

屋根の工事は高所であり、今回は急勾配な屋根であったので

安全に効率良く作業を行う為に、まず足場を設置して瓦を撤去していきます。

こちらが瓦を取り除いた状態です。

写真から分かる様に下地も劣化していた為、一緒に撤去していきます。

 

全て取り除いて野地板を補修したら、新たな下地を設置していきます。

こちらの水色のシートを「ゴムアスル-フィング」と言います。

防水シートであり、屋根材の劣化箇所や隙間から入ってきた雨水が

野地板や屋根裏に行き渡らない様、水を外に流す働きをします。

 

その上から桟木を設置します。

瓦を設置する際に、引っ掛けて固定させる為の素材です。

その上から瓦を取り付けていきます。

今回は、石州瓦を設置しました。

石州瓦は島根県の石見地方で生産され、凍害に強く耐久性に優れた粘土瓦です。

並べ終えて足場を解体したら、工事完了です。

 

もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

今回は、屋根材や下地材が重症化していた為
葺き替え工事を行いましたが、劣化の発見が早かったら
屋根塗装など簡単なメンテナンスによって、屋根の機能性は元通りになります。
コストや工期の負担を軽減させる為にも、劣化の早期発見を心掛けましょう。

濱本葉子濱本葉子

藤崎本部長、ありがとうございました。
屋根の劣化等、気になる箇所がございましたら
お気軽にご連絡ください。