大高下イエロー大高下イエロー

こんにこんにちは、大高下イエローです。
地球では朝に太陽が昇り、夜に沈みます。
これは、地球が地軸を中心に回っているからという事はご存知ですよね。
では、なぜ地球は回っているのでしょうか?

人総部T女史人総部T女史

こんにちは、Tです。
どうしてなのですか?

大高下イエロー大高下イエロー

地球が回っている事が分かったのは17世紀頃で
それまでは、太陽や他の惑星が地球の周りを回っている「天動説」が信じられていました。
しかし、イタリアの天文学者ガリレオをはじめとする科学者たちにより
地球が太陽の周りを回りながら、地球自体も回っているという「地道説」が証明されました。
物と物がぶつかり合う事で回転が生まれる為、
天体の端がぶつかった時の勢いが回転する勢いとなり
今でも残っているんだそうです。

人総部T女史人総部T女史

宇宙は私達が生まれる何億年も昔からありますが、
たくさんの謎がありますね。
もしも、回転が惰性なら、速度が少しずつ遅くなっている可能性もあるので
将来、1日が25時間になる事もあるかもしれませんね。 
今回は、広島市安佐南区で大手塀の塗装工事を行いました。

工事情報

工事内容:大手塀塗装工事
築年数:30年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

今回は、大手塀の広い範囲が黒いシミで覆われていました。

また、ひび割れや剥がれ、塗膜が剥離している箇所も見られました。

大手塀は、降り注ぐ紫外線や雨風などに365日常に晒され続けている為

少しずつ経年劣化していきます。

また、大きな通りに面した場所や、交通量の多い場所等では

埃や排気ガス・土などの汚れも付きやすくなります。

 

大手塀は、塗装直後は艶がありますが、劣化し始めると徐々になくなっていきます。

更に劣化するとチョーキング現象が起き、次第に亀裂が走るなど、

雨風のダメージを下地が直接受けてしまいます。

チョーキング現象とは、塀に手で触れた時に白い粉が付着する状態を指します。

塗料の中に含まれる顔料が劣化して粉状に現れる現象で、

塗膜の保護機能が失われているサインでもあります。

大高下イエロー大高下イエロー

劣化は対策が遅くなればなるほど修復に時間やコストが掛かります。
チョーキング現象は劣化の初期症状ですが
放っておくとひび割れが発生し、雨漏りの原因に繋がります。
また、苔やカビが発生して見栄えを悪くするだけでなく
防水機能も低下し、更に劣化の進行を早めてしまいます。
劣化サインを見落とさず早めに対処しましょう。

人総部T女史人総部T女史

今回は、大手塀の塗装工事の様子をお伝えします。

 

工事開始です。

まず、塗装作業を行なう前に大手塀の洗浄を行います。

塀の表面に付着した汚れや苔・古い塗膜を

高圧洗浄機を使用して隅々まで綺麗に落としていきます。

汚れを洗い流したら、下地から浮いている塗膜を剥がしていきます。

塗膜が浮いたまま上から塗装をしても、塗装後すぐに剥がれ落ちる等の

不具合が生じてしまう為、必ず綺麗に撤去していきます。

 

次に塗膜を剥がした箇所周辺に

モルタルを薄く塗る込み、段差をなくしていきます。

塗膜を剥がした後の表面は凸凹になっているので、

下地調整も綺麗に仕上げる為には欠かせない工程です。

 

補修作業が終わったら塗装作業に入ります。

まず下塗り作業です。

下塗り塗料には「アレスダイナミックマイルドシーラー」を使用します。

下塗り塗料は次に塗るメインの塗料を塗りやすくするだけでなく

劣化した表面を保護してくれる役割もある為、丁寧にしっかり全体に塗っていきます。

 

下塗り塗料が乾燥したら仕上げの塗料を塗っていきます。

仕上げの塗料には「アレスダイナミックTOP」を使用し

中塗り・上塗りと二度重ね塗りを行います。

同じ塗料で二度塗りすることで色付きもよく

塗膜の層が厚くなり、紫外線に強いので耐久性をしっかり向上させてくれます。

塗料が乾燥したら工事完了です。

大高下イエロー大高下イエロー

塀は必ず劣化します。
劣化症状を早く見つけ補修を行う事で、寿命を長持ちさせる事に繋がります。
定期的なメンテナンスを心掛けましょう。

人総部T女史人総部T女史

大高下所長、ありがとうございました。
塀や外壁などのお困りごとは私達にご相談下さい。