クリクリ笹木クリクリ笹木

こんにちは、笹木です。
今からおよそ6600万年前にほとんどの恐竜が絶滅しましたが
一部の恐竜は生き残り、別の生き物に進化を遂げたと言われています。
その恐竜の子孫は爬虫類というイメージがありますが
現在では、爬虫類ではなく別の種類の生物が有力になっています。
その生き物とは鳥類なのです。

小田切美恵小田切美恵

こんにちは、小田切です。
そうなのですね。
恐竜と言えばウロコをまとったような肌が印象強いですが
現在の恐竜図鑑では恐竜に羽毛が生えているなど
鳥のような特徴を表していますね。
私達の知らない時代がどんどん解明されていくのを知ると
歴史を感じ、興味深く思いますね。
今回は、東広島市で基礎の補修工事を行いました。

工事情報

工事内容:基礎補修工事
築年数:30年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

今回のお住まいの基礎には、複数の箇所で大きなひび割れが見られました。

クリクリ笹木クリクリ笹木

基礎は家を支える重要な部分です。
自然災害や経年劣化により、傷みを生じる事で
耐久性が徐々に低下していきます。
大きな被害が起きてしまう前に補修を行いましょう。

小田切美恵小田切美恵

今回は、基礎の補修工事の様子をお伝えいたします。

 

周辺に養生をして、工事開始です。

まず、劣化した部分の基礎の表面を取り除きます。

専用の道具を使って表面を取り除いていきますが

剥がした部分は1つにまとめた後に撤去をします。

 

全て手取り除いたら、砂や埃が付着している箇所を掃除し

表面にシーラーを塗布します。

その後、モルタルを塗布していきます。

最初にシーラーを塗布する事で、モルタルがより密着して

剥がれにくい状態を作る事が出来ます。

ひび割れた箇所にもしっかりとモルタルを充填して塞ぎます。

 

仕上げに表面を整えます。

表面を整える際は専用のブラシを使います。

最終チェックをし、モルタルがしっかりと乾燥したら工事完了です。

 

基礎は、建物の重さを地面全体に分散する働きがあり、

床下へのシロアリの侵入や湿気を防ぐ効果もあります。

クリクリ笹木クリクリ笹木

地震や気温の変化により、ひび割れを生じる事があります。
建物の土台となる部分の為、傷みを放置してしまうと
お住まい全体が危険な状態になってしまいますので、
地震などが起こった後には必ずチェックを行いましょう。
定期的にメンテナンスを行って、安全なお住まいを保ちましょう。

小田切美恵小田切美恵

笹木監督、ありがとうございました。
基礎は大切な役割を担っているのですね。
傷みがあっても見逃してしまいがちな基礎ですが、
ご自身で1度チェックをしてみると良いかもしれませんね。
小さな傷みでも放置せず、まずは専門家に相談しましょう。
基礎やお住まいに関する気になる事は、お気軽に弊社にご相談ください。