本田ブルー本田ブルー

こんにちは、本田ブルーです。
新型コロナウイルスの影響で児童・学生たちの修学旅行や校外学習も
多くが中止や延期になっていますよね。
そこで広島市の観光業者が平和学習のオンラインツアーを企画しているそうです。
広島県内だけでなく、東京や大阪の学校からも予約が入っているそうですよ。

小田佳奈小田佳奈

こんにちは、小田です。
シルバーウイークでは平和記念公園がとても混んでいたとニュースで見て
密な空間になるのではと心配に思っていました。
オンラインツアーだと感染予防がしっかりと出来て良いですね!
多くの子どもたちの平和学習に活用されてほしいですね。
今回は、廿日市市で外壁塗装工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装工事
築年数:30年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

今回は、外壁の隅に黒カビが発生していました。

なぜ外壁にカビが発生するのでしょうか?

外壁に使用されている塗料には本来、カビや汚れの付着防止効果がありますが

塗料の効果は永久ではない為、約10年程経過すると劣化して機能性も低下します。

外壁は雨天時、雨水を直に浴びる為

乾燥しにくい陰になる箇所等は、特にカビが発生しやすいポイントです。

本田ブルー本田ブルー

カビは見る見るうちに拡がっていきます。
また、外壁の下地には防水性がないので
水分が乾燥していないという事は、更に内部のお住まいを支える構造体にまで
劣化が及んでいる恐れがあります。
劣化のサインなので、見逃さない様に気をつけましょう。

小田佳奈小田佳奈

今回は、外壁塗装工事の様子をお伝えします。

 

工事開始です。

「塗装工事」と言っても、ただ塗装を行うだけではありません。

カビや汚れがあると下地と塗料が密着しない為、塗料が落ちやすくなります。

必ず最初に汚れを洗い流します。

高圧洗浄機の強い水圧を利用して、綺麗に落としていきます。

また、カビや苔はしっかりと菌を落とし切らないと

再び繁殖しやすいので、特に注意して落としていきます。

 

下地に劣化が見られたら補修を行い、塗装の工程に入ります。

塗装では2種類の塗料を使用します。

最初に「アレスダイナミックマイルドシーラー(2液)」をローラーを使用して塗布します。

最初に塗る工程を下塗りと言います。

色を付けるメインの塗料をいきなり塗ると、

傷んだ下地に染み込む事で、更に傷めてしまう事があります。

下塗り塗料は、傷んだ下地を補強して

下地とメインの塗料をより頑丈に密着させる働きをします。

まるで化粧下地の様ですね。

 

下塗り塗料が乾燥したら、メインの「アレスダイナミックTOP」を塗布していきます。

この塗料には外壁を色付けたり、下地を守る保護膜を形成する働きがあります。

こちらはまるでファンデーションの様ですね。

中塗り・上塗りと言われるように2度塗る事で、頑丈に綺麗に外壁を整えます。

 

また今回は雨戸や雨樋など、鉄部の塗装も行いました。

錆や汚れを落とした後、錆止め塗料とシリコン塗料を塗っていきます。

鉄は雨水によって錆が発生する素材であり、守る為に塗装は必要不可欠です。

定期的なメンテナンスは忘れない様にしましょう。

塗料が全て乾燥したら、工事完了です。

本田ブルー本田ブルー

外壁のカビや苔の発生、色褪せやひび割れは
専門的な知識がなくても発見しやすいです。
定期的にチェックして、外壁からのSOSに気付ける様心がけましょう。

小田佳奈小田佳奈

本田監督、ありがとうございました。
外壁のメンテナンスについては、弊社にお任せください。