三分オレンジ三分オレンジ

こんにちは、三分オレンジです。
くすぐったい場所は人によって多少異なりますが
多くの人がうなじ・わき腹・手のひら・内もも・足の裏がくすぐったいと感じると思います。
なぜくすぐったい場所とくすぐったくない場所があると思いますか?

人総部T女史人総部T女史

こんにちは、Tです。
私は脇腹が苦手です。 
どうしてなんですか?

三分オレンジ三分オレンジ

くすぐったい場所には共通点があり、うなじ・脇・内ももの3か所は
皮膚の表面近くに太い動脈や静脈血管が走っています。
もし怪我をした時、大出血して致命傷になる可能性があるため
少し触れただけでも敏感に反応するようになっているそうです。
また手のひら・足の裏・わき腹には感覚神経が集中しています。
人間が昔、四足歩行だった頃の名残で四つん這いになると人はわき腹が見えません。
いち早く危険を察知できるようにし、素足素手で活動して怪我をしないように
感覚神経が発達したからだそうです。

人総部T女史人総部T女史

そういう事だったのですね。
くすぐったいというのは「身の危険」を感じている状態で
「防衛反応」の1つというわけなんですね。
今回は、広島市安佐北区で瓦屋根の葺き替え工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根葺き替え工事
築年数:35年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

今回は瓦全体が色褪せし、所々割れている箇所もありました。

また棟部分の瓦がズレている状態でした。

瓦屋根は耐久力が非常に高く、特に外敵要因がない場合であれば

100年以上問題なく屋根材として利用できるのが特徴です。

 

そんな瓦が割れてしまう原因も様々あります。

屋根は長い年月が経つ事で自然に劣化していきます。

築年数の古い家などでは瓦を固定する為に鉄製の釘が使用されており、

月日が経過することで錆びつき膨らんで瓦の割れの原因となってしまいます。

また、耐久力の高い瓦でもお茶碗などの陶器同様、強い衝撃を受ける事で割れてしまいます。

台風や暴風など雨風の強さや、強風による飛来物によって割れてしまったり

雪の多い地域などの積雪や気温の低さが原因で割れる事もあります。

これは「凍て割れ」と呼ばれます。

瓦は長い年月をかけて雨水を吸収しており、水分の温度が下がる事で凍り

水の体積の膨張を繰り返すことで瓦の表面が割れていきます。

更に海の近い沿岸部の屋根は、海水の塩分によって瓦がボロボロになってしまう事もあります。

三分オレンジ三分オレンジ

瓦の割れを放置すると、割れ目から雨水が浸透し雨漏りの原因に繋がります。
台風や大雨などの後は一度専門家に見てもらいましょう。

人総部T女史人総部T女史

今回は、瓦屋根の葺き替え工事の様子をお伝えします。

 

工事開始です。

まず、既存の瓦や葺き土を撤去していきます。

瓦は1枚1枚手作業で丁寧に剥がし、割れたりしないように

まとめて袋に入れて屋根の下におろします。

その際、欠けや割れなど劣化が少ないものは葺き直す際に再利用します。

 

次に瓦の下に張られて古くなった桟木防水紙(ルーフィング)を剥がしていきます。

下地となる野地板の状態を確認し、劣化している箇所は補修を行い

新しい防水紙を野地板に設置していきます。

防水シートは屋根材の下に設置されているため目に見えませんが

防水性だけでなく通気性に優れており

瓦の劣化箇所や隙間から入ってきた雨水が野地板や屋根裏に

行き渡らない様、外に流す重要な働きをしています。

 

次に、等間隔に桟木を打ち付けていきます。

この時、桟木がずれてしまうと瓦同士に隙間ができ、

雨漏りの原因になってしまうため全体のバランスを見ながら設置していきます。

 

桟木設置が終了したら瓦の葺き替え作業に入ります。

今回は瓦の劣化が激しかったため瓦全部の葺き替えとなります、

前の工程で設置した桟木に添って並べていきます。

桟木に引っ掛けるように並べていくことでしっかりと固定されます。

 

次に新たな棟を形成していきます。

まず、一定間隔で取り付けた金具の上に棟の土台となる垂木を設置します。

ズレたり曲がったりしてしまうと棟自体も曲がってしまうため

曲がらないように目印に沿って取り付けていきます。

 

設置し垂木の周りに漆喰を塗って固めていきます。

最後に上から雁振(がんぶり)瓦を被せ、ビスでしっかり固定し、工事完了です。

 

三分オレンジ三分オレンジ

屋根の劣化は、お住まいになられている環境や立地条件によって異なりますが
屋根は高い場所にあり普段あまり目にする事はありません。
そのため瓦が割れていても気づかず雨漏りして気付くケースが多いです。
勿論、瓦が割れたからと言ってすぐに雨漏りが発生する事はありませんが
瓦が1枚割れているだけでも雨漏りの原因になります。
メンテナンスを行うことで大切なお住まいをしっかり守る事に繋がります。
定期的なメンテナンスを心掛けましょう。

人総部T女史人総部T女史

三分さん、ありがとうございました。
屋根や外壁に関するご相談は私達にお任せください。