修三レッド修三レッド

こんにちは、川本です。
10月に入り、秋らしい気候になりましたね。
この時期と言えば運動会や文化祭などの行事がありますが
コロナウイルスの影響で規制・延期・中止が決まっていますね。

濱本葉子濱本葉子

こんにちは、濱本です。
楽しみが無くなると寂しいですが、
それ以上に楽しい事が待っていると期待しましょう。
今回は、東広島市で外壁塗装工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装工事
築年数:20年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

今回のお住まいの外壁には、黒いシミや汚れが付着しており、

チョーキング現象も見られました。

修三レッド修三レッド

チョーキング現象とは「白亜化現象」とも言われ
外壁を触った時に白い粉が付く事を言います。
これは、雨や紫外線によって劣化した塗膜が
粉状になって外壁の表面に現れたものです。
チョーキングが見られた場合は、放置せず補修を行いましょう。

濱本葉子濱本葉子

今回は、外壁塗装工事の様子をお伝えします。

 

足場や保護シートを設置して工事開始です。

まず、高圧洗浄機で表面を綺麗にします。

外壁には見えない汚れや、劣化した古い塗膜等が付着しています。

修三レッド修三レッド

写真から、流れ出る水が黒くなっている程
外壁が汚れていた事が分かりますね。

汚れが付着した状態のまま上から塗装をすると

すぐに塗膜が剥がれる等、仕上がりに影響が出てしまいます。

その為、必ず最初に高圧洗浄を行う必要があります。

汚れを取り除き終えたら、時間を置いて乾燥させます。

 

ひび割れ等、下地に傷みがある場合は

塗装を行う前にシーリングを充填するなど補修を行います。

傷みの補修が完了したら、塗装作業へ移ります。

まずは、下塗りを行います。

下塗り塗料には「アレスダイナミックマイルドシーラー」使用します。

この塗料は透明で薄付きですが外壁を保護し、メインの塗料と下地の密着性を高めます。

 

下塗り塗料が乾燥したら、メインの塗料を塗布します。

メインの塗料では「アレスダイナミックTOP」を使用します。

この塗料には紫外線による変色を防ぐ効果があります。

1度塗っただけでは塗膜が薄く、色ムラも発生してしまうので

重ね塗りをして美観を仕上げていきます。

塗料が乾燥したら最終チェックを行い、工事完了です。

 

人間も紫外線に当たると日焼けやシミを引き起こしますが、

建物の外壁も紫外線により劣化が進行します。

塗膜の劣化を防ぐ為に、紫外線に強い塗料選びが大切です。

修三レッド修三レッド

外壁にひび割れやチョーキングが見られたら劣化のサインです。
簡単に確認する事が出来ますので、外壁に触れてみて
チョーキングがないかチェックしてみましょう。

濱本葉子濱本葉子

川本監督、ありがとうございました。
外壁や屋根等お住まいに関するお悩み事は、お気軽に弊社へご相談ください。