三分オレンジ三分オレンジ

こんにちは、三分オレンジです。
本日10月14日は「鉄道の日」です。
今から148年前の1872年の今日、日本で初めての鉄道が開業された事が由来だそうですよ。
東京の新橋から横浜を結んでいたそうです。

濱本葉子濱本葉子

こんにちは、濱本です。
その当時の方々からすると、画期的な夢の様な乗り物だったでしょうね。
更に、現在ではリニア中央新幹線が2027年に開業予定とされており
東京・大阪間が2時間を切るとも言われていて、技術の進化を感じますね。

三分オレンジ三分オレンジ

リニアモーターカーは、子供の頃から「未来の乗り物」として
取り上げられていたので実際のスピード感がどの様なものかワクワクしますね。
しかし、新型コロナの影響で新幹線の利用者数が激減した事から
建設に影響も出ているそうです。

濱本葉子濱本葉子

新幹線だけでなく、電車やバスなどの公共機関でも
乗車数の減少から赤字が出ているなどのニュースを見かけます。
乗車率を見て、人が少ないタイミングに使用するなど
安全を確保しながらも、利用する事で応援していきたいですね。
先日、お客様から 「本来黒かった屋根が色あせて灰色になりました。
そろそろ塗り替えのタイミングかなと思うので、一度見てもらえませんか?」
とご連絡を頂き、東広島市で色褪せたスレート屋根の修理診断を行いました。

 

拝見したところ、全体的に白っぽく色褪せていました。

またよく見てみると屋根材にひび割れが入っている箇所もありました。

ウロコの様な形がおしゃれな今回の屋根はアーバニーといい、スレート屋根の一種です。

昔ながらの和瓦のほとんどでは、素材を焼き上げた色が表面に出ていますが

スレート屋根は表面を塗装する事で仕上げられます。

その為、カラーバリエーションも豊富であり

緑色やオレンジ色など洋風でお洒落なお住まいも街中で見かけますよね。

この様に塗装は美観向上の効果が重要であると思いがちですが、

実は屋根材自体の耐久性も向上させているのです。

 

スレート屋根は原材料がセメントです。

セメントといえば頑丈なイメージがあると思いますが

実は防水性がなく、水分を吸い込む性質があります。

その為、表面の塗膜が劣化していると、どんどん雨水を吸収していき

脆くなって今回の様な割れや欠けなどの劣化に繋がってしまいます。

劣化した箇所から雨水が更に内部に侵入していくと

最悪の場合、雨漏れが発生して大規模な葺き替え工事が必要になる可能性もあります。

表面だけであると、屋根材の修正後に塗装を行うだけで機能性も回復します。

劣化は早い内にメンテナンスを行うよう心がけましょう。

三分オレンジ三分オレンジ

また今回のアーバニーは、形状から特にひび割れが発生しやすいという弱点もあります。
屋根材や形状はそれぞれメリット・デメリットは異なるので
定期的に専門の方に状況を見てもらって、状況を把握しましょう。

濱本葉子濱本葉子

三分さん、ありがとうございました。
様々な屋根に対応しております。
お気軽にご連絡ください。