植松綾乃植松綾乃

こんにちは、植松です。
日本は経済的にも恵まれており、他国と比べても豊かで平和な国と言えます。
しかし、少子高齢化など様々な問題が重要視されていますので
私達も未来について考えていかなければいけませんね。

小田佳奈小田佳奈

こんにちは、小田です。
私たち個人から、出来る事もあると思います。
より良い未来になる様な行動をしていきたいですね。
今回は、東広島市で瓦屋根の塗装工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根塗装工事
築年数:35年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

今回は、瓦屋根にひび割れや塗膜の剥がれが見られました。

植松綾乃植松綾乃

屋根材の中には塗装で防水機能を補っているものもあります。
その為、塗膜が剥がれてしまうと防水機能が低下してしまい
雨漏りに繋がる恐れがあります。
被害が大きくなる前に補修を行いましょう。

小田佳奈小田佳奈

今回は、屋根の塗装工事の様子をお伝えします。

 

足場を組み、工事開始です。

まず、高圧洗浄機で汚れを取り除いていきます。

高圧洗浄機を使用する事で、古い塗膜や汚れを洗い流す事が出来ます。

植松綾乃植松綾乃

ただし、細かい汚れやこびりついて汚れなどは落ちにくい為
専用のたわしやブラシで取り除きます。

汚れを取り除いたら、乾燥させる為に時間を置きます。

 

水分が乾燥したら塗装作業に移る前に、ひび割れた箇所の補修を行います。

シーリング材を充填してひび割れを埋め、

表面にはみ出たシーリング材は整えます。

 

その後、塗装を行っていきます。

塗装は下塗りから行います。

下塗り塗料には「アレスダイナミックシーラーマイルド」を使用しました。

この塗料は高い浸透性があり、下地を強化させる事が特徴です。

 

次に、メインの塗装となる中塗り・上塗り塗料を塗布していきます。

メインの塗料には「アレスダイナミックルーフ」を使用しました。

紫外線による劣化や色褪せを防ぐ効果があります。

ローラーを使って全体に塗料を塗布していきますが

細かい部分などは刷毛を使い、ムラが無いようにします。

また、中塗り・上塗りと2度塗りをする事で塗膜に厚みができ、ムラや気泡を防ぐ事が可能です。

塗料が乾燥したら足場を解体し、工事完了です。

植松綾乃植松綾乃

人間と同じように建物にとっても紫外線は悪影響を及ぼします。
お住まいの塗装をされる際は、塗料選びをしっかりして
長持ちするお住まいにしましょう。

小田佳奈小田佳奈

植松さん、ありがとうございました。
10年で屋根は劣化してしまいますので、
定期的な診断と早めのメンテナンスを心掛けましょう。
ご自身で屋根に上がると怪我に繋がる危険性もありますので
診断を行う際は必ず専門家に相談をしましょう。
気になる箇所があれば弊社にご相談ください。