阿部でございます阿部でございます

こんにちは、阿部でございます。
今年も都道府県別の魅力度ランキングが発表されましたね。
トップは去年と変わらず北海道で、
我らが広島県は18位と去年から3ランクダウンでした。
トップ10に入ってほしいですね。

人総部T女史人総部T女史

こんにちは、Tです。
東京が去年からワンランクダウンで4位になったり、
これまで高齢者に人気であった地方の都道府県が
若年層でも割合が増えているなど、コロナウイルスの影響も感じられました。
広島県ももっと魅力を感じる方が増える様な県にしていきたいですね。
今回は、廿日市市で瓦屋根の漆喰塗り替え工事を行いました。

工事情報

工事内容:漆喰塗り替え工事
築年数:45年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

最も古くは、なんとエジプトのピラミッドにも使用されたという説もある程

漆喰はとても歴史の長い建築材と言われています。

現代でも和風住宅の外壁や、今回の様な瓦屋根の棟部分など

お住まいの様々な箇所で使用されています。

 

触れてみると固い素材ではありますが

自然素材で出来ている為、劣化が生じやすいという弱点もあります。

雨水や空気中の水分を吸収・乾燥する働きを繰り返したり

二酸化炭素を吸収して硬化する性質からひび割れが発生し、範囲が拡がる事で剥がれ落ちていきます。

漆喰が剥がれて露呈した葺き土の表面から雨水がどんどん染み渡り、

最悪の場合、雨漏れが発生する恐れがあります。

阿部でございます阿部でございます

劣化した表面は小さな範囲であっても、
屋根の内部の多くは防水性のない素材で出来ているので
水分が行き渡り、劣化が広範囲に及ぶケースもあります。
小さな劣化でも注意は欠かさない様にしましょう。

人総部T女史人総部T女史

今回は、屋根漆喰の塗り替え工事の様子をお伝えします。

 

工事開始です。

まずは、ひび割れたり一部が剥がれる等、劣化が見られた漆喰を全て取り除きます。

取り除くのが不十分で、残ってしまうと施工不良に繋がる事があります。

下地の葺き土表面が少し削れるほどしっかりと撤去していきます。

 

次に、撤去の際に削れて凹凸になった表面を整えていきます。

子どもの頃、泥だんごを作る際には水で固めていましたよね。

葺き土も同じく、霧吹きを使用して少量の水気を与える事で固めながら整えていきます。

水分は多すぎても固まらなくなり、耐久性が衰えてしまうので

量を調整しながら作業を進めます。

 

下地の調整を終えたら、仕上げの漆喰を塗っていきます。

漆喰は粘り気のある素材である為、一気に多くを取ってしまうと

塗りムラができやすくなったり却って作業がしにくくなります。

少しずつ取って丁寧に作業を進めます。

この様に塗り終えたら乾燥した後、更に上から重ね塗りします。

漆喰は厚過ぎても薄過ぎても耐久性に劣るので、適量を均一に塗っていきます。

漆喰を塗り終えて乾燥したら、工事完了です。

阿部でございます阿部でございます

瓦屋根は「メンテナンスフリー」と言われることもありますが
漆喰は耐用年数が約20年程度と言われています。
定期的に専門の方にメンテナンスをしてもらいましょう。

人総部T女史人総部T女史

阿部さん、ありがとうございました。
屋根についてお悩み事などございましたら、お気軽にお問い合わせください。