イケメン細川イケメン細川

こんにちは、イケメン細川です。
「心停止」が突然起きると、死に至る危険があります。 
心停止で亡くなる人の数は1日約210人、 
1年間で約7万6000人もいるといわれています。
「AED」は1分1秒を争う心停止の時、有効な処置として使用され
使用しなかった時の生存率10.6%に対し
使用した時の生存率は50.4%と約5倍になるとも言われています。
AEDは心臓を動かす機械ではなく、実は心臓を止める機械であるとはご存知ですか?

濱本葉子濱本葉子

こんにちは、濱本です。
生きる為には心臓を動かさなければならないのに、
なぜ止めるのでしょうか?

イケメン細川イケメン細川

心臓は心房・心室から成り立っており
心室が不規則に小刻みに振えて、全身に血液を送ることが出来ない
「心室細動」が発生する事で心臓がおかしくなります。
心室細動を治す為に電気ショックを与えて心臓を止め
1回揃えてから規則的に動くようにするのが「AED」なのです。

濱本葉子濱本葉子

そういう仕組みになっているのですね。
心臓をただ動かだけでなく、
正しいリズムに動かすのが「AED」なのですね。 
今回は、広島市東区で基礎巾木の塗り替え工事を行いました。

工事情報

工事内容:基礎巾木塗り替え工事
築年数:28年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

今回は基礎部分にシミや色褪せの他、ひび割れや表面が剥がれた箇所も見られました。

基礎は建物と地面を繋ぐ役割があり、お住まいを支える土台となる大切な部分です。

日本は地震、台風といった自然災害が多いですが、

これらから環境から建物を守ってくれています。

基礎部分は湿気や雨の影響を受けやすい場所で外壁と比べて劣化スピードが早くなります。

そのため基礎がしっかりしていないと少しずつお住まいが傾いていき、

地震や台風の強風などが原因でお住まいが崩れやすくなってしまいます。

イケメン細川イケメン細川

基礎はモルタルや塗料の塗膜が保護膜となり、守られています。
塗膜は雨水や紫外線に何年も晒され続けたり
付着した汚れを放置する事で劣化が進んでいきます。
劣化サインを見落とさず専門家に診断してもらいましょう。

濱本葉子濱本葉子

今回は、基礎巾木の塗り替え工事の様子をお伝えします。

 

工事開始です。

まず、基礎は地面との距離が近い為、風によって舞った砂や埃が多く付着しています。

表面に付着した汚れを専用ブラシやハケを使用して落としていきます。

汚れが残ったままの状態では仕上がりに影響が出るため

汚れはしっかりと取り除く事が大切です。

 

次にひび割れ箇所などがあればシーリング材を使用し

割れ目をしっかりと塞ぎ水分が侵入しないように防いでいきます。

この作業を下地処理といいます。

 

下地処理が終了したら、下地とモルタルの密着性を高めるためにシーラーを塗っていきます。

シーラーはサラサラとした粘り気がない風合いが特徴の塗料です。

接着材としての役割があるので、最初に塗って下地に吸収させることで

綺麗な仕上がりになります。

 

次にモルタルを塗布していきます。

基礎のひび割れや剥がれが部分的な箇所であれば、その箇所のみの補修となりますが

今回は広い範囲で見られた為、基礎全体にモルタルを塗布していきました。

この時、塗り残しやムラが出来ないように隅々まで丁寧に塗っていきます。

最後に専用ブラシで表面を綺麗に整え、モルタルが乾燥したら工事完了です。

 

イケメン細川イケメン細川

ひび割れは一度崩れてしまうと時間の経過と共にどんどん悪化していき
自然に元に戻ることはありません。
大切なお住まいを守るためにも酷くなる前に定期的なメンテナンス心掛けましょう。

濱本葉子濱本葉子

細川所長、ありがとうございまいた。
外壁や基礎・塀などの気になる事は何でもお気軽にご相談下さい。