もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

こんにちは、藤崎です。
去年の今日は、「即位礼正殿の儀」という1年限りの祝日でしたね。
覚えていますか?

山根夕佳山根夕佳

こんにちは、山根です。
令和天皇が即位した事を公に示して
国内だけでなく、海外の代表の方もお祝いする儀式でしたね。

もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

去年は「令和元年」という事で
即位の礼として様々な儀式が行われましたね。
リアルタイムで見られるのは、一生のうちに数回しかなく
とても貴重な体験でした。

山根夕佳山根夕佳

このような体験をきっかけに文化や歴史を学んでみるのも良いですね。
先日、お客様から 「天井にシミが出ているので、見に来ていただけませんか?」
とご連絡を頂き、広島市安芸区で漆喰が傷んだ瓦屋根の修理診断を行いました。

拝見したところ、室内の天井に雨漏りによるシミが広がっていました。

天井の上に設置されている部分の屋根を確認した所、

棟の漆喰部分に隙間が空いている箇所や、崩れている箇所がありました。

瓦屋根に使用する陶器瓦は「メンテナンスフリー」と言われる事もあるほど耐久性に優れています。

割れるなど破損しない限りは 50年以上持つとも言われています。

しかし、今回劣化が見られた漆喰の寿命は約10年程と短いのです。

屋根の機能性を保つ為にも重要な箇所なので、メンテナンスは定期的に行いましょう。

 

漆喰は、瓦屋根の棟の土台になっている葺き土が

雨などで流されない様に保護する役割をしています。

今回の様に漆喰が劣化していると、瓦を固定している力が弱くなります。

地震などの揺れや台風などの強風で、瓦同士がぶつかりあい瓦が割れてしまう、

棟瓦がズレる、落下するといった恐れがあります。

また、劣化によって葺き土が表面に露呈した箇所から雨水が侵入します。

屋根の内部には防水シートが葺かれていますが、

寿命を迎えたり、災害級の大雨など一気に大量の雨水を吸収する事で劣化して破れていきます。

防水シート以外は防水性がほとんどない素材である為、

今回の様に天井に雨染みが発生する程の雨漏れを引き起こす可能性があります。

 

漆喰の劣化状態が軽いようであれば、古い漆喰を取り除き

新しい漆喰を詰め直すという工事を行います。

一方、漆喰がボロボロと剥がれて棟自体が曲がっている場合は、棟を積み直す必要があります。

更に、防水シートや野地板など、下地材に劣化が見られる場合は葺き替え工事が必要になります。

工事の工程が多くなれば、その分金額も高くなります。

もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

病気と同じで、住宅の劣化は早期発見が被害を最小限にするうえで大切です
定期的に専門の方に屋根に上って診断してもらいましょう。

山根夕佳山根夕佳

藤崎部長、ありがとうございました。
屋根の診断については、弊社へお任せください。