ハイボール竹本ハイボール竹本

こんにちは、ハイボール竹本です。
今、ベーコンを焼く動画に人気が集中しており 
再生回数は14万回を超え人気動画となっているそうですよ。 
ベーコンを焼く音は、川のせせらぎなどリラックス効果があるとされる
ホワイトノイズに似た周波数が出ているそうで、
他の音かき消す効果がある為、脳に伝わる情報を減らす事ができ
脳が休まる効果が得られるそうです。

人総部T女史人総部T女史

こんにちは、Tです。
ベーコンを焼く音は食欲が出るように思いますが、
リラックス効果もあるとはびっくりですね。
今回は、広島市佐伯区で外壁のモルタル補修工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁モルタル補修工事
築年数:30年前後

【工事前】

工事の様子

今回は外壁の一部分の塗装が浮き、水膨れの様な状態でした。

外壁は降り注ぐ紫外線や雨風などに365日毎日晒され続けている為

次第に塗膜の浮きや剥がれと言った劣化症状が現れます。

塗装の浮きは塗膜と下地が剥離し、密着していない状態で

剥がれは、剥離した塗膜が欠損している状態をいいます。

剥がれているのは、建物の保護機能が失われているサインで

お住まいの美観も損なわれ、お住まい自体にダメージを与えます。

ハイボール竹本ハイボール竹本

劣化が進行し、内部に腐食や錆が発生すると
大掛かりな補修工事が必要になってしまいます。
早めに専門家に相談しましょう。

人総部T女史人総部T女史

今回は、外壁モルタル補修工事の様子をお伝えします。

 

工事開始です。

まず、水膨れのように浮いた古い塗膜周辺を専用のヘラなどを使用し剥がします。

浮いた塗膜が残ったまま新たに塗装を行っても

既存の塗膜ごと剥がれ落ちてしまう等、長持ちしません。

また、表面を整える事で下地材が馴染みやすくなります。

塗膜を剥がした部分には、モルタルが塗布しやすくなるように

接着剤の様な働きがある下塗り塗料を塗っていきます。

 

剥がした後は表面が凸凹になっている為、

他の塗膜部分への雨水の侵入口にならない様、モルタルを塗り隙間を埋めて表面を平らに整えます。

モルタルはセメント・砂・水を混ぜ合わせた建築材料で

練ると粘土のように柔らかくなり、コテを使って塗っていきます。

セメントが1に対して砂を2~3の割合で混ぜたものが一般的なモルタルで

野外・屋内のどちらにも使用でき、

外壁の表面仕上げ・浴室・台所やレンガ・ブロックなど様々な場所に使用されます。

モルタルにもたくさん種類があり、厚付き用や薄付き用

更に無機系の物や樹脂系の物などがあるので、用途に合ったモルタルを使用する事が大切です。

モルタルが完全に乾燥したら、紫外線に強い

「アレスダイナミックマイルドシ-ラー」や「アレスダイナミックTOP」を塗って仕上げます。

 

ハイボール竹本ハイボール竹本

浮いてしまった塗膜はとても破れやすく少しの刺激でも破れてしまいます。
外壁の破れた部分は雨漏りの原因にも繋がります。
また、周辺の塗膜が更に浮いてしまうという悪循環にもなりかねません。
酷くなる前に定期的なメンテナンス心掛けましょう。

人総部T女史人総部T女史

竹本所長、ありがとうございまいました。
外壁やお住まいに関するお悩み事はお気軽にご相談下さい。