レインボー小泉レインボー小泉

こんにちは、レインボー小泉です。
本日10月27日は「読書の日」であり、今日から読書週間が始まりました。
最近ではスマホの普及などから読書離れが顕著化されていると言われていますが、
小中学校などでは、朝の10分間読書に充てる取組みが
積極的になされてるそうですよ。

寺本園子寺本園子

こんにちは、寺本です。
ジャンルを問わず読書をすると
大人になってからでも新たな知識がどんどん増えますよね。
秋の夜長に読書を楽しみたいですね。
今回は、広島市安佐南区で段差解消工事を行いました。

工事情報

工事内容:段差解消工事
築年数:35年前後

【工事前】

工事の様子

今回のお住まいでは部屋によって段差があり

躓きやすく、危険を感じられたお客様から改善したいとご依頼を頂きました。

特に高齢な方のご自宅での転倒事故は多く

階段や玄関といった目立った段差がある部屋だけでなく

今回の様な小さな段差が原因での転倒事故が多いのも事実です。

平成27年度の人口動態調査によると、1日に約4人が段差のないところで転倒し

亡くなっているというショッキングなデータがあります。

レインボー小泉レインボー小泉

住み慣れたご自宅でも、実は危険も潜んでいます。
特に在宅介護をなさっている方や、この先可能性がある方は
一度専門の方に相談してみましょう。

寺本園子寺本園子

今回は、段差解消工事の様子をお伝えします。

 

工事開始です。

今回は、段差の低い位置に当たる部屋に床の追い貼り工事を行いました。

追い貼り工事とは、既存の床の上から新たな床材を貼る施工法を指します。

 

施工する部屋の家具や家電を移動させた後、床の清掃を行います。

そして周辺の施工しない箇所には養生を行い、下準備完了です。

 

周辺の部屋の高さに合う様、調整された床材を専用の接着剤で貼り付けていきます。

今回は、丸玉木材のニドムエコという床材を使用しました。

キズに強く、滑りにくい素材です。

床材同士の間に隙間が出来ても転倒など事故に繋がる恐れがあります。

金槌などを使用してしっかりと密着させます。

部屋全体に貼り付けて仕上げていきます。

 

段差解消には、今回の様な床を施工する以外にも

スロープを設置してなだらかな傾斜にするなど様々な方法があります。

また「要支援・要介護」と要介護認定で認められている場合は、

リフォームする為の補助金がおりるケースもあります。

レインボー小泉レインボー小泉

介護の為には、段差解消だけでなく
もしもトイレが和式の場合は洋式に替えたり
手すりを設置するなど、様々な工事が必要になるケースもあります。
まずは専門の方に相談をし、より良い生活空間にしましょう。

寺本園子寺本園子

小泉監督、ありがとうございました。
お住まいのリフォームについては、弊社にお任せください。