植松綾乃植松綾乃

こんにちは、植松です。
広島の代表的な観光地のひとつである宮島では、
紅葉のライトアップが始まったそうです。
少しずつ葉が赤く染まり始めているそうですよ。

瀧本紗也香瀧本紗也香

こんにちは、瀧本です。
「もみじ饅頭」が名物ですし、やはり宮島を一番楽しむ時期は秋ですよね。
ライトアップは今年が初めてだそうです。
遅い時間の宮島を楽しむのも良いですね。
今回は、広島市安芸区で外壁塗装工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装工事
築年数:30年前後

【工事前】

工事の様子

今回は外壁が全体的に色褪せ、

外壁に触れると手に塗料が付着するチョーキング現象が見られました。

塗装を施された外壁表面の表層樹脂は、太陽光による熱や紫外線、雨風によって劣化し

含まれている顔料がチョークの粉の様に表面に出てきます。

これは色褪せだけでなく、外壁の防水機能が衰え始めているサインでもあります。

植松綾乃植松綾乃

白色の塗料が付着する事が多いですが、
外壁に似た色の塗料が付着したら、チョーキング現象の可能性があります。
早めに専門の方に相談しましょう。

瀧本紗也香瀧本紗也香

今回は、外壁塗装工事の様子をお伝えします。

 

工事開始です。

まずは高圧洗浄を行います。

高圧洗浄は外壁塗装工事には欠かせない工程であり、

強力な水圧で外壁に付着している汚れを落とします。

特に、今回の様にチョーキング現象が見られた場合は

粉状になった古い塗料には粘着性がなくなっている為、

そのまま上から新たな塗料を塗っても落ちやすくなってしまいます。

せっかく塗装した塗料がすぐに落ちてしまわない様、最初に綺麗に洗い流します。

 

下地の補修を終えたら、塗装を全部で3工程行います。

最初は下塗りです。

仕上がりの色に影響がない乳白色や透明色の塗料を使用します。

下塗りは言わば「縁の下の力持ち」の様な働きをします。

傷んで凹凸になった表面を整え、更に脆くなった下地に染み込む事で頑丈にする効果があります。

使用した「アレスダイナミックマイルドシ-ラー」は高い浸透力があり

この後に塗る塗料と下地の密着性を向上させます。

 

そして仕上げの中塗り・上塗りを行います。

どんどん白い塗料で色付いていますね。

この2つの工程では原則、同じ塗料を使用します。

なぜ1回ではダメなのでしょうか?

1回のみであると、塗料が蒸発し気泡が発生したりします。

気泡は残ってしまうので、2回目の上塗りでそれらを埋める為

同じ塗料での重ね塗りが必要なのです。

また、色が濃く付く事で仕上がりも綺麗になります。

この工程では「ラジカル制御形」という外壁の劣化を抑える種類の

「アレスダイナミックTOP」という塗料を使用します。

紫外線や雨風の影響から外壁を守ってくれる効果があります。

 

軒天や雨樋などの塗装をして仕上げていきます。

 

植松綾乃植松綾乃

工事の際に必要な足場や保護シートは
設置するだけでもコストが掛かります。
塗装工事の際には、外壁だけでなく木部や鉄部などの工事も一緒に行うと
長い目で見てコストパフォーマンスに優れますよ。

瀧本紗也香瀧本紗也香

植松さん、ありがとうございました。
外壁やOP廻りの塗装について、気になる点がございましたら
お気軽にご連絡ください。