山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

こんにちは、山崎です。
『喉まで出かかっているのに思い出せない』といった経験はありませんか?
実は舌先現象(TOT現象)と言われるそうですよ。

小田切美恵小田切美恵

こんにちは、小田切です。
誰しも1度は経験のあるような些細な現象でも、名前があるのですね。
今回は、東広島市で外壁の塗装工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装工事
築年数:20年前後

【工事前】

工事の様子

今回のお客様の外壁では、写真のようなチョーキングが見られました。

チョーキングとは塗料に含まれている顔料が劣化し

表面に粉のようになって出てきてしまう現象をいいます。

山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

代表的な物で言えば古いガードレールなどが挙げられます。
寄り掛かった時や触れた時に白い粉が付いた経験はありませんか?
実は、あれもチョーキング現象で劣化のサインなのです。

小田切美恵小田切美恵

今回は、外壁の塗装工事の様子を伝えします。

 

足場や保護シートを組み立てて、工事開始です。

まずは、高圧洗浄機を使って外壁の汚れを取り除いていきます。

外壁は、汚れが付着した状態で塗装をすると

密着が弱く、仕上がりに影響が出てしまいます。

埃や細かい汚れが多く付着している為、必ず洗浄作業を行います。

 

次に、塗装作業に移ります。

塗装作業では下塗り・中塗り・上塗り3工程で行います。

下塗り塗料には「アレスダイナミックフィラー」を使用します。

この塗料は、付着力や施工性・乾燥性に優れています。

 

下塗りが完了したら、メインの塗料で中塗り・上塗りを行います。

メインの塗料には「アレスダイナミックTOP」を使用します。

この塗料は、ラジカルと言われる劣化因子の発生を抑える働きがあります。

普段、生活をする中であまり実感はないかもしれませんが、

実は外壁は紫外線によるダメージを受け続け、劣化が進行しています。

アレスダイナミックTOPは紫外線による外壁の劣化を抑え

長持ちするお住まいにする事が出来ます。

また、防カビ・防藻効果もあるので、カビや藻の発生を防ぎます。

お住まいの外壁は、日陰になりやすい所や湿った所ではカビなどが生えやすくなってしまいます。

一度生えてしまった状態を放置すると繁殖し、目立ってしまいます。

気泡やムラなどが生じない様、全体に塗布して仕上げていきます。

 

外壁は、劣化に気が付きやすい箇所でもあります。

チョーキングやカビ・藻の他にもひび割れや塗膜の浮き・剥がれなど

劣化症状が見られた場合には、専門家に相談しましょう。

山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

お住まいを建てられて10年以上経過している場合は
劣化症状がない場合でも、1度診断を行いましょう。

小田切美恵小田切美恵

山崎部長、ありがとうございました。
安心して暮らせる住まい作りをしていきましょう。
お住まいに関する気になる事がございましたら、弊社にご相談ください。