三分オレンジ三分オレンジ

こんにちは、三分オレンジです。
タクシーにで降りる直前に料金が上がってしまうと少し損をした気持ちになりますよね。
実は多少の違いはありますが、料金が上がるタイミングが分かるように
料金メーターには予告の表示がされているそうですよ。
例えば3本のバーがメーターの左下に表示されていて
1本ずつ消えていき、全部バーが消えるタイミングで料金が上がるんだそうです。

人総部T女史人総部T女史

こんにちは、Tです。
嬉しい耳より情報ですね。
是非、チェックして見てみたいと思います。
今回は、広島市安佐北区で庇の鉄部塗装工事を行いました。

工事情報

工事内容:庇塗装工事・外壁塗装工事
築年数:20年前後

【工事前】

 

工事の様子

今回は庇部分に色褪せている箇所が見られました。

「庇」とは玄関ポーチやベランダ・窓の上に突き出すように設置された小さな屋根のことをいい、

軒とは区別して呼ばれています。

 

庇や軒は、古来より受け継がれた日本家屋には欠かせない部分です。

庇は単純な作りから重要ではないように思われがちですが、

庇がある事で冬場は大きな窓からたっぷりの太陽光を取り込んで室内を温め、

夏は直射日光を遮断し、窓を開け風通しを良くすることで居住環境を守っています。

また、雨の日には窓からの雨の吹き込みを防いでくれたり

雨だれによるサッシ廻りや窓ガラス、外壁の汚れを軽減する事もできます。

三分オレンジ三分オレンジ

庇は小さなものでも、室内の環境をより良くしたり
建物を厳しい外部環境から守る働きをしています。
外壁のメンテナンスを行う際には庇も一緒に行うことをお勧めします。

人総部T女史人総部T女史

今回は、庇塗装工事の様子をお伝えします。

 

工事開始です。

まず最初に古くなった塗膜や錆びや汚れを取り除くため

手作業でケレン掛けを行います。

ケレンとは、塗装する面の汚れや錆をヤスリやペーパーを使用して

落としていく作業で、仕上がりの美しさと持続性に影響を与えます。

ケレン掛けは塗装工事を行う上で

新しい塗膜をしっかり密着させるために行う大切な作業の1つで

とても手間のかかる地道な作業です。

 

次に浸透性に優れた「錆止め液(二液)」を塗布し

塗料が乾燥したらメインの塗料を塗布していきます。

メインの塗料にはシリコン樹脂塗料を使用し塗布していきます。

シリコン塗料は光沢が長持ちし、色褪せしにくい塗料です。

優れた防汚性によって付着した汚れも簡単に落とすことができるので

お手入れの手軽さでもシリコン塗料はお薦めです。

同じ塗料を重ね塗りし、隅々まで丁寧に塗って仕上げています。

塗膜を厚くすることで鉄部をしっかり保護してくれます。

 

三分オレンジ三分オレンジ

庇と外壁の取付部分はクラックが入りやすい部分でもあり
その部分から雨水が侵入する危険性もあります。
今回は庇の塗装と一緒に外壁塗装も行いました。
同時に行うと足場や保護シートなどのコスト軽減にも繋がるので
気になる箇所は1度のリフォームで綺麗にするのも良いですね。

人総部T女史人総部T女史

三分さん、ありがとうございました。
外壁や内装など、リフォームに関するご相談は私達におまかせ下さい。