山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

こんにちは。山崎です。
チョコレートの溝はどうしてあるのか知っていますか?

寺本園子寺本園子

こんにちは。寺本です。
そういえば板チョコに溝がありますね。
綺麗に割るためですか?

山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

私も綺麗に割るためだと思っていたんですが、
製造時にチョコレートを型に入れた際、表面積を増やして
早く固まるようにするためだったんです。
冷えるのに時間がかかるとムラになったり、
口どけが悪くなるみたいですよ。

寺本園子寺本園子

綺麗に割るためじゃなく、
製造工程や口どけに理由があったんですね。
先日お客様から「屋根のメンテナンスをしてもらって10年ぐらい経ってるので、
屋根の状態を見てもらえませんか?」
と連絡を頂き、廿日市市で色褪せたスレート屋根の修理診断を行いました。

拝見したところ、屋根全体に色褪せが見られました。

また、屋根材がひび割れている箇所もありました。

屋根には、主に8種類の素材があります。
・粘土瓦(粘土を焼いて作る瓦)
・コンクリート・セメント瓦(コンクリートやセメントを材料にして作る瓦)
・化粧スレート(セメントなどを材料として作る板状の屋根材)
・天然スレート(岩石を材料とした薄い板状の屋根材)
・トタン(亜鉛でメッキ加工した薄い鉄板素材)
・ガルバリウム鋼板(アルミニウムと亜鉛、シリコンによってメッキ加工された鋼板素材)
・銅板(銅製の板を屋根に張り付けた屋根材)
・アスファルトシングル(ガラス繊維にアスファルトを染み込ませ表面に石を吹き付けた屋根材)

今回の屋根では「化粧スレート」が使用されていました。

 

スレート屋根のメリットとして、価格が安い色やデザインが豊富

軽い・耐震性が高いという点があります。

逆にデメリットとして、割れやすく耐久性が低いメンテナンス頻度が多いなどがあります。

スレート屋根のメンテナンスとして、5年おきにひび割れ診断が必要です。

スレート材の細かいキズなどは、日光や雨風にさらされるうちに広がっていきます。

その期間が約5年と言われています。

このタイミングで、ひび割れ・補修の診断を受け、

雨漏れ塗装の剥がれなどを未然に防ぐ事が重要です。

山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

メンテナンスを行うことで、
大切なお住まいを長持ちさせることが出来ます。
定期的にメンテナンスをしましょう。

寺本園子寺本園子

山崎部長、ありがとうございました。
お住まいの定期的なメンテナンスなど
気になる事はお気軽にご相談ください。