植松綾乃植松綾乃

こんにちは、植松です。
明日、1129日は「いい肉」の日ですね。
焼肉を食べに行かれる方も多いのではないでしょうか?

小田切美恵小田切美恵

こんにちは、小田切です。
週末ですし焼肉も良いですね。
コロナウイルスの影響もありますので、
外食をされる方はしっかりと感染対策をしましょう。
今回は、岩国市で波板の貼り替え工事を行いました。

工事情報

工事内容:波板貼替工事
築年数:25年前後

【工事前】

工事の様子

今回のお住まいでは、ベランダや物置の屋根に波板が使用されていました。

波板は、価格や施工法などお手軽な事から

小さなものでは小屋や物置、大きなものでは倉庫や住宅の屋根など様々な範囲で使用されています。

 

今回は、経年劣化により波板が割れてしまったり、留め具が錆びていた事から

交換したいというご依頼を頂きました。

植松綾乃植松綾乃

波板は劣化しやすい素材である為
定期的にメンテナンスを行い、安心してベランダや物置が使えるようにしましょう。

小田切美恵小田切美恵

今回は、波板の貼り替え工事の様子をお伝えします。

 

工事開始です。

まず、既存の波板を撤去します。

使用されていた波板はFRP波板と呼ばれプラスチックにガラス繊維を混ぜて強化した波板です。

FRP波板は強度はありますが、衝撃を受けると割れやすかったり

年数が経つとひび割れが発生しやすいという弱点があります。

植松綾乃植松綾乃

屋根として利用される事が多い波板は、常に外気に晒され
太陽の熱の影響を受ける為、長持ちする方が良いですよね。

波板を撤去したら、下地となる木材の傷みを確認します。

腐食などの傷みが見られた場合は、木材の補修も行います。

 

そして、新しい波板を設置します。

今回は、ポリカーボネート波板に貼り替えました。

ポリカーボネート波板は、衝撃に強く割れにくい事が特徴です。

長期に渡って使用可能な為、多く普及されている波板素材です。

波板が簡単に外れてしまわないように留め具をして仕上げていきます。

 

写真の通り、波板の素材を変えた事で

工事前よりも日の光が差し込むようになり、明るくなりました。

植松綾乃植松綾乃

波板は種類も豊富で、1つ1つメリット・デメリットも異なります。
お住まいに合った波板を選ぶ様、工事前には業者や担当の方と打合せを行いましょう。

小田切美恵小田切美恵

植松さん、ありがとうございました。
小さな傷みでも発見したら放置してしまわず、
1度専門の方に相談してみましょう。
お住まいに関するお困りごとは、弊社へお気軽にご相談ください。