ハイボール竹本ハイボール竹本

こんにちは、ハイボール竹本です。
欧米のドアは内開きが多く、日本は外開きが多いという事はご存知ですか?

山根夕佳山根夕佳

こんにちは、山根です。
確かに、欧米と日本では開く向きが違いますね。
何か理由があるのですか?

ハイボール竹本ハイボール竹本

日本では、玄関に靴を置くスペースが必要なので
内開きだと靴が邪魔になり、うまく開閉できないからと言われています。
一方、欧米では不審者が侵入した時に、押し出すことが安易になる為
内開きが多いそうですよ。

山根夕佳山根夕佳

防犯の意味もあるんですね。
同じものでも、国の文化によって理由は違うんですね。
先日、お客様から「屋上の床が剥がれて、その下の部屋の天井が雨漏れしています。
心配なので一度見に来てもらえませんか?」とご連絡を頂き、
広島市東区で剥がれた屋上防水の修理診断を行いました。

 

拝見したところ、屋上の床が剥がれ、水溜まりの跡が残っている状態でした。

また、室内の天井や壁に雨染みが発生していました。 

一般的な屋根には勾配と呼ばれる傾斜がありますが、

今回の様な屋上(陸屋根)は平らである為、雨水が溜まりやすく

排水しにくい事から防水施工が施されています。

 

10年を過ぎると、今回の様なひび割れ剥がれ、水溜まりなどの劣化症状が見られ始めます。

劣化をそのままにしてしまうと、ひび割れた下地から雨水が侵入し

雨漏れや構造体の腐敗など、建物自体の耐久性が下がってしまいます。

3ヶ月毎に排水溝の清掃、5年に1度のトップコート(表面保護の仕上げ塗装)、

10年に1度の防水施工など、定期的なメンテナンスをして

屋上やお住まいの重症化や、工事のコストや工期の負担を軽減させましょう。

 

また、防水の施工法には主に3種類あります。

・ウレタン防水 

液体の防水材をローラーで塗っていく施工方法であり、

一般住宅、アパート屋上等、あまり大きくない屋上に使用されます。

・シート防水 

防水シート貼っていく施工方法である為、四角く表面が平らな屋上に適しています。

・アスファルト防水

液状のアスファルトとシートを重ね合わせていく施工方法であり、

頻繁に工事をすることが難しい大規模なマンションの屋上に使用されることが多いです。

 

ハイボール竹本ハイボール竹本

リフォームの際には、
お住まいの状態や環境に合った施工法を行い
お住まいの健康寿命を延ばしたいですね。

山根夕佳山根夕佳

竹本所長、ありがとうございました。
屋上防水や屋根のメンテナンスについては、何でもお気軽にご相談ください。