植松綾乃植松綾乃

こんにちは、植松です。
福山市の小学校では、新型コロナの影響で延期されていた運動会が
先日、マラソン大会と一緒に開催されたそうです。
小学生にとって運動会は大イベントなので、
無事に開催されて良かったですね。

瀧本紗也香瀧本紗也香

こんにちは、瀧本です。
開催されるはずであった5月頃は、新型コロナの情報も混沌としていたので
運動会は開催されないかもしれないと不安にもなったでしょうね。
子どもたちにとって素敵な思い出になっていると良いですね。
今回は、広島市安佐北区で大手塀塗装工事を行いました。

工事情報

工事内容:大手塀塗装工事
築年数:25年前後

【工事前】

工事の様子

今回のお住まいでは、上に瓦が乗っており

和の風情がある大手塀が使用されていました。

お住まいを塀で囲う事で、室内やお庭の様子などプライベートな部分を

道路や近隣から目隠しする事が出来ます。

 

屋根や外壁と同様、常に雨風、紫外線と言った過酷な自然環境に晒されていますし

道路に面している為、排気ガスや通過する自動車の振動の影響を受けやすく

次第に劣化していきます。

今回も、全体の汚れだけでなく所々で大きなひび割れが発生していました。

植松綾乃植松綾乃

ひび割れは勝手に塞がれる事はなく
放置すると、次第に範囲が拡がっていきます。
下地にひび割れが発生している場合は、耐久性にも影響するので
早い内に専門の方に見てもらいましょう。

瀧本紗也香瀧本紗也香

今回は、大手塀塗装工事の様子をお伝えします。

 

塀に設置されたポストや塀周辺に養生を施し、工事開始です。

まずは、高圧洗浄機を使用して汚れを落としていきます。

前述した通り、道路に面している部分は排気ガスなどが付着していますし

日当たりが悪い部分には苔やカビが発生しているケースもあります。

塀は、見た目以上に汚れており

高圧洗浄によって流れ出る水は黒く汚れている事が多いです。

 

水分が乾燥したら、下地の補修を行います。

ひび割れた箇所は、シーリング材で塞いでいきます。

シーリング材は充填する時はペースト状ですが

乾燥すると弾力性のある状態に固まります。

気密性の高い素材なので、雨水がひび割れから入るのを防ぎますし

衝撃を受けても、ひび割れや破損など劣化を軽減させる働きをします。

下地に欠けが見られた部分はモルタルを塗布し、表面を平らに整えます。

 

下地の調整後、塗装を行います。

下塗りには、付着性や速乾性に優れた「アレスダイナミックフィラー」、

中塗り・上塗りには紫外線に強い「アレスダイナミックTOP」を使用します。

2つの塗料は、とても相性の良い塗料であり、強力な耐久性や対候性が発揮されます。

外部からの影響を受けやすい大手塀は、頑丈な状態を保つ為に塗料選びもとても重要です。

塗料は多種多様であり、それぞれメリット・デメリットが異なります。

どの様な塗料を使用するかは、工事前にしっかりと担当の方に確認しましょう。

 

隅々まで塗布し、乾燥させます。

植松綾乃植松綾乃

塀の耐用年数は、一般的に30年程と言われています。
しかし、メンテナンスを全くしなければ
劣化スピードは速くなり、耐用年数も短くなります。
定期的なメンテナンスによって塀の健康寿命を延ばしましょう。

瀧本紗也香瀧本紗也香

植松さん、ありがとうございました。
塀や外構のメンテナンスについて、お悩みの方は
弊社へお気軽にご連絡ください。