大高下イエロー大高下イエロー

こんにちは、大高下イエローです。
だんだんと寒くなり、カイロが手放せなくなる季節ですね。
カイロを暖かくするには湿気が必要になる為
30秒ほど息を吹きかけると、より早く暖かくなるそうですよ。

小田切美恵小田切美恵

こんにちは、小田切です。
なかなか温もらず苦戦していたので、早速試してみようと思います。
今回は、東広島市で基礎の補修工事を行いました。

工事情報

工事内容:基礎補修工事
築年数:20年前後

【工事前】

工事の様子

今回は、お住まいの基礎にひび割れが生じていました。

日本の住宅の基礎はコンクリートで出来ているものが多く、建物を支える土台になります。

大高下イエロー大高下イエロー

基礎は家の重さや地震の揺れなどを地面に伝え、分散する役割があります。
傷みが見られた場合は耐久性の低下が考えられる為、早めに補修を行いましょう。

小田切美恵小田切美恵

今回は、基礎の補修工事の様子をお伝えします。

 

周辺に養生をして、工事開始です。

まず、ひび割れて浮いている表面のコンクリートを撤去します。

傷んだ部分が残った状態で上から補修を行うと、

しっかりと固定されていない為、時間が経たない内に崩れてしまいます。

仕上がりの耐久性の為にも、表面の劣化した部分は

この工程でしっかりと取り除きます。 

また、基礎内部には、強度を高める為に鉄筋が入っていますが

今回は鉄筋に錆が発生していました。

大高下イエロー大高下イエロー

これは、ひび割れた部分から雨水が侵入した事で
基礎内部の鉄筋に錆が発生した事が考えられます。

専用のブラシを使って、錆や汚れも取り除いていきます。

 

下地を整えたら、モルタルをより密着させる為に下塗り材を塗布します。

最後にモルタルを塗っていきます。

まず、傷んで撤去した箇所を埋める様にモルタルを塗り、

その後、表面を全体的にコーティングする様にモルタルを塗って、

コテやブラシで整えて仕上げます。

 

大高下イエロー大高下イエロー

基礎の補修には専門的な知識や技術が必要です。
ご自身で補修されるという方もいらっしゃいますが
間違いや不備が合った場合は、却って耐久性が低下してしまいます。

小田切美恵小田切美恵

大高下所長、ありがとうございました。
建物を守る大切な土台ですので、定期的なプロによる診断と
適切なメンテナンスをしてもらいましょう。
外壁や基礎についてお困りごと等ございましたら、弊社へお気軽にご相談ください。