クリクリ笹木クリクリ笹木

こんにちは、クリクリ笹木です
毎日寒さが増していますが、南極と北極とでは
どちらが寒いと思いますか?

山根夕佳山根夕佳

こんにちは、山根です。
どちらも寒い印象ですが、北極の方が寒いのではないでしょうか?

クリクリ笹木クリクリ笹木

実は、南極なんです。
北極はの平均気温はマイナス30度ですが、南極の平均気温はなんとマイナス60度なんですよ。
南極には大きな陸地があり、陸がある方が海があるよりも
寒くなってしまうんだそうです。

山根夕佳山根夕佳

氷がたくさんある北極の方が寒くないとは、驚きですね。
先日、お客様から
「以前、床下を見てもらってだいぶ経つから、一度見に来てもらえませんか?」
とご連絡を頂き、広島市安佐北区でカビが生えた床下の修理診断を行いました。

 

拝見したところ、床下の複数の箇所に白いカビが発生していました。

床下は、大切な家を支えている大切な土台です。

湿気が溜まりやすい箇所なので、今回の様にカビが発生しやすいという弱点があります。

 

・適度な温度

・湿度

・栄養分(埃やチリなどの汚れや殺菌)

・酸素

以上、4つが揃うと、カビが発生してしまいます。

 

日本には四季があり、冬を除いてカビが好む「適度な温度」「湿気」が揃っています。

昔の家は隙間が多く、床下の高さがある事で風通しの良い造りになっていました。

近年の住宅では、「高気密」「高断熱」の造りが多くなっています。

頑丈な基礎コンクリートで床下が囲まれており、床下の通気性が悪くなっています。

快適な家になった反面、湿気が籠りやすくカビが発生しやすくなっています。

 

カビの発生を放置してしまうと、床下の木材が腐敗してしまい

腐った木が大好物の、シロアリが発生してしまいます。

シロアリに木材を食い荒らされてしまい、家を守る大事な土台が弱ってしまうと、

家の強度が下がってしまいます。

また床下から畳、床上にカビが広がった場合、カビを餌にしているダニが繁殖します。

家だけでなく、人体にまで影響を及ぼしてしまいます。

クリクリ笹木クリクリ笹木

床下は普段目に見えない箇所なので、
定期的に専門の方に見てもらい、劣化の予防をしましょう。

山根夕佳山根夕佳

笹木監督、ありがとうございました。
床下など、お住まいでお困りの事がございましたら、
弊社へお気軽にご相談ください。