植松綾乃植松綾乃

こんにちは、植松です。
砂漠では昼は猛暑になりますが、夜は冷え込み
極端な例では、温度差が41℃も生じたという記録があるそうですよ。 
砂漠は地面が露出していて何も遮るものがない為、
昼は太陽が地面を強く熱し、夜は地面の熱がどんどん奪われる事が主な原因だそうです。

濱本葉子濱本葉子

こんにちは、濱本です。
砂漠は昼夜問わず熱いのかと思っていましたが、
そんなに温度差があるとは驚きました。
今回は、廿日市市で面格子と目隠しフェンス設置工事を行いました。

工事情報

工事内容:面格子・目隠しフェンス工事
築年数:25年前後

【工事前】

工事の様子

住宅のリフォームには様々な目的があり、

快適さを求めるだけでなく防犯性能を高めるリフォームもあります。

 

簡単にできる防犯リフォームの1つとして面格子の設置があります。

面格子とは、窓の外に取り付ける事によって侵入者を防ぐ為のものです。

素材は破壊や切断にも耐えられる強度を持つ、軽量なアルミなどの金属製のものが主流です。

利用する事が多く、外から見えやすい窓は狙われにくいですが、

お住まいの裏側などの死角になりがちな窓は、侵入者にとって狙いやすい為

窓に設置する事でお住まいの防犯性能が高まります。

植松綾乃植松綾乃

一般的にキッチンやお風呂、トイレは
死角になりやすい場所にあり侵入者に狙われやすいポイントです。
面格子には様々な種類がある為、お住まいの条件に合ったものを選びましょう。

濱本葉子濱本葉子

今回は、面格子と目隠しフェンス設置工事の様子をお伝えします。

 

周辺に養生をして、工事開始です。

まず死角になりやすいキッチン、お風呂、トイレの窓に面格子を取り付けていきます。

今回はプライバシー保護やライフスタイルの向上に重点が置かれている

「多機能ルーバー」を使用しました。

魅力は「可動式」な点です。

ルーバーを稼働させることによって朝は日の光を入れ、お出かけの時は目隠し、

お掃除する時は風通しを良くし、西日が強いところでは日よけをするといった

ライフスタイルに合わせてコントロールする事が出来ます。

 

また、今回は外から見えやすい窓を囲う様、目隠しフェンスも設置しました。

まずは地面に一定間隔に穴を開け、フェンス用の柱を埋め込んでいきます。

取り付ける地面の状態によって、設置金具の種類が異なりますし

耐久性に関わる大切な工程です。

設置する際には、壊れにくくしっかりと立ち続けられる様に

風がよく吹き抜けるような場所には柱と柱の間隔を狭くしたり

高さを控えるなど環境を考慮した造りにします。

 

しっかりと柱を固定させたら、側面にフェンスを取り付けて仕上げていきます。

 

道路や隣地よりもお住まいの敷地の方が高い場合は

庭にフェンスを設置する際、高さに工夫が必要です。

大人や子供の目線の高さや、道路や隣地との高さの関係、

立った状態や座った状態などを考えて目隠しできる高さを決める事が大切です。

目隠しフェンスを設置する事で外からの視線をシャットアウトする事が出来ます。

植松綾乃植松綾乃

フェンスの劣化は、屋根や外壁とは異なり放置してしまいがちです。
近年災害が多発していますし、知らない内に劣化が進んでいると突然崩壊する危険性があります。
ご家族だけでなく近隣の方や通行人に迷惑をかけてしまう可能性もある為 
定期的なメンテナンスを心掛け、安全な状態を保ちましょう。

濱本葉子濱本葉子

植松さん、ありがとうございました。
お住まいに関するお悩み事はお気軽にご相談下さい。