クリクリ笹木クリクリ笹木

こんにちは、クリクリ笹木です。
先日、1月9日は「とんちの日」だったらしいですよ。
ユニークですよね。

寺本園子寺本園子

こんにちは、寺本です。
とんちと聞くと一休さんが浮かびます。

クリクリ笹木クリクリ笹木

そうですよね。
とんちの得意な一休さんの「いっ(1)きゅう(9)」の
語呂合わせによって、とんちの日になったみたいですよ。

寺本園子寺本園子

一休さんは小さい頃、よく見ていました。
とんちが得意で真似していたのを思い出します。
先日、お客様から「玄関の天井に穴が開いていて雨漏れしているので
一度見に来て頂けませんか?」とご連絡を頂き、
廿日市市で穴が開いた玄関庇の修理診断を行いました。

拝見したところ、庇の天井の角に複数の穴が開いていました。

また、屋根面を確認したところ、塗装が色褪せていました。

今回の玄関庇には、屋根面に防水塗装が施されていました。

この様な施工は、ベランダや屋上の床に多く見られます。

ウレタン防水塗料を2度塗りし、その上にトップコートを塗って施工されます。

 

ウレタン防水の耐用年数は約10年と言われていますが、

トップコートの耐用年数は約5年と、ウレタン防水より短いです。

ウレタン防水は紫外線に弱い為、トップコートを塗る事で保護しています。

 

トップコートの経年劣化が進むと、ウレタン防水の機能が低下し

表面がザラザラになり、色褪せなどの症状が発生します。

そのまま放置してしまうと防水機能がさらに低下し、下地の腐食や雨漏れが発生します。

今回も、劣化したウレタン防水から雨水が染み渡り、

庇の天井部分が腐食して穴が開いてしまったと考えられます。

トップコートの定期的な塗装により、ウレタン防水の耐用年数も長くなります。

クリクリ笹木クリクリ笹木

屋根や庇の面は目視が難しい場所であり、
天井などに雨漏れが発生するまで、気が付かなかったというケースも多くあります。
定期的に専門の方に見てもらい、雨漏れ被害を防ぎましょう。

寺本園子寺本園子

笹木監督ありがとうございました。
庇や屋上など、お住まいについてお困りな事がございましたら、
些細な事でも弊社へご相談ください。