レインボー小泉レインボー小泉

こんにちは、レインボー小泉です。
厳しい寒波が続いており、
ここ数日、長い時間暖房を付けています。
しかし、電力の供給がひっ迫しているそうです。
節電を心掛けましょう。

瀧本紗也香瀧本紗也香

こんにちは、瀧本です。
すぐ出来る節電方法として、厚着をしたり
エアコンのフィルターや室外機の掃除が効果があるそうです。
体調を崩さない程度に意識して取り組みましょうね。
今回は、廿日市市で瓦屋根の葺き替え工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根葺き替え工事
築年数:38年前後

【工事前】

工事の様子

今回は以前、下地の補修を終えた屋根の

瓦葺き替え工事の様子をお伝えします。

葺き替え工事とは、瓦など既存の屋根材を撤去して

新しい下地や屋根材に取り替える工法を指します。

レインボー小泉レインボー小泉

この先、長く今のお住まいに住まれる予定であれば
葺き替え工事では、下地から新たに屋根を設置する為
屋根の表面のみ補修するよりも、コストパフォーマンスが高いと言えます。
屋根の修理には専門的な知識が必要である為
まずは、ライフプランも踏まえて専門の方に相談してみましょう。

瀧本紗也香瀧本紗也香

今回は、屋根葺き替え工事の様子をお伝えします。

 

劣化した屋根材を撤去して、頑丈な状態に補修した下地の上から

新たなルーフィング桟木(さんぎ)を設置します。

屋根の構造には、表面から見える「一次防水」と

内側からお住まいを守る「二次防水」があります。

表面からは屋根材しか見えませんが、どの種類の屋根も

何層にもパーツが組まれる事で形成されています。

写真の様なルーフィングと桟木は二次防水です。

ルーフィングとは屋根の防水紙であり、

屋根材の隙間や劣化した部分から雨水が侵入しても

屋根裏など内部に雨水が行き渡らない様に防ぐ役割があります。

また、桟木は瓦を補強する為の骨組みです。

桟木がずれると瓦同士に隙間が出来てしまい、雨漏りする原因にもなります。

全体のバランスを見ながら慎重に設置します。

 

そして、桟木に引っ掛ける様に瓦を設置していきます。

新しい瓦は束で屋根に上げ、桟木に沿って並べていきます。

今回は以前使用されていた瓦が劣化していた為、

全て新しい瓦を使用しました。

 

瓦を並べ終えたら、雨仕舞に関わる棟を積んだり、

雨押えの漆喰を塗って仕上げます。

 

屋根の劣化の原因は、瓦の破損やルーフィングシートなどの下地の損傷だけではありません。

瓦同士を繋ぐ漆喰の劣化によって、下地に雨水が行き渡るケースもあります。

漆喰は瓦と異なり、耐久性が20年前後しかない為

経年劣化によって剥がれや崩れなどの症状が見られます。

レインボー小泉レインボー小泉

瓦屋根の多くには漆喰が使用されています。
瓦だけでなく漆喰の劣化も日頃から確認しておきましょう。

瀧本紗也香瀧本紗也香

小泉監督、ありがとうございました。
屋根のメンテナンスについてお考えの方は
お気軽にお問い合わせください。