阿部でございます阿部でございます

こんにちは、阿部でございます。
丸いお盆は、どんな向きで使っても良さそうですが、
正しい向きがある事はご存知ですか?
お盆は木目が正面を決め、木目を横にして持つのが正しい持ち方だそうです。
木目が縦だと中央で割れやすいですが、横だと割れにくく
割れても支えられるからだそうです。

人総部T女史人総部T女史

こんにちは、Tです。
正しい向きがあるとは驚きですね。
知らない作法もたくさんあるので、色々と勉強してみたいと思います。
今回は、山県郡で外壁カバー工法工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁カバー工法工事
築年数:30年前後

【工事前】

工事の様子

今回は外壁の塗装が剥がれ、大きくひび割れている箇所もありました。

「外壁」には、建物を外環境から守る役割があり

毎日降り注ぐ紫外線や雨風などの影響を直に受ける為、

特に劣化しやすい場所のひとつです。

外壁の表面には塗装が施されていますが、時間の経過とともに少しずつ剥がれていき

本来果たすべき防水機能が弱くなっていきます。

 

今回の様なひび割れを「クラック」と呼び、

下地が劣化していることを見極める目安の1つになっています。

湿度・温度変化によって体積の収縮・膨張を繰り返す事で

クラックが進行していきます。

阿部でございます阿部でございます

外壁の劣化にはクラック以外にも
付近に川が流れていたり、湿気が溜まりやすい環境であれば
苔などの胞子が外壁に付着したりカビが繁殖する事があります。
また、外壁に触れた時、手に粉が付着する症状を「チョーキング現象」といいます。
チョーキング現象が見られたら、劣化が始まっていると把握しましょう。

人総部T女史人総部T女史

今回は、外壁カバー工法工事の様子をお伝えします。

 

脚立足場や養生を設置し、工事開始です。

今回は既存の外壁の上に新しい外壁材を重ねて二重に施工する方法で行いました。

この工法を、カバー工法といいサイディングやモルタル外壁で使用されます。

 

まず、現状の外壁に胴縁(どうぶち)という下地材を取り付けていきます。

この方法を、通気工法といい、二重になった外壁の壁内に湿気を溜めない様にする工法で

胴縁の厚みの分だけ空気が通る隙間が出来て、

湿気が抜ける仕組みになっています。

 

下地材の取り付けが完了したら外壁材を取り付けていきます。

今回は「ガルバ角波」という外壁材を使用しました。

軽量で耐震性が高く、錆びにくいといった特徴のある外壁材です。

隙間を作らないように外壁全体に取付けて仕上げていきます。

カバー工法は、新しい外壁を上から貼っていく為

傷んだ箇所に直接雨水が掛かる事が無くなり、最低限の補修のみで施工出来ます。

阿部でございます阿部でございます

外壁のひび割れなどの劣化をそのまま放置してしまうと
その部分から内部に雨水が侵入し、雨漏りの原因となる恐れがあります。
雨漏りは、早めの対処が必要です。
定期的なメンテナンス心掛けましょう。

人総部T女史人総部T女史

阿部さん、ありがとうございました。
お住まいに関するお困り事は、お気軽に弊社にご相談下さい。