「グリーン住宅ポイント」って知っていますか?

国土交通省が、コロナ禍によって落ち込んだ経済の回復を図るために決めた制度です。

令和2年12月15日(閣議決定日)から令和3年10月31日までに契約をした

一定の省エネ性能のある住宅などが対象です。

ポイントについて

1ポイント=1円相当のポイントが受け取られますが、

一定の省エネ性能を有するなどの条件があり

新築住宅・中古住宅か・リフォームかでも条件が異なります。

 

新築

◆持ち家

◆賃貸

 

中古住宅

 

リフォーム

発行ポイント数は、1戸あたり上限30万ポイントです。

※1申請あたりの合計ポイント数が5万ポイント未満の場合は、
 ポイントを発行申請する事が出来ません。

ただし、上限特例が2つあります。

上限特例①
若者(40歳未満)・子育て(18歳未満の子どもがいる)世帯では、上限を45万ポイントに引き上げ。
※既存住宅の購入を伴う場合は、上限60万ポイント

上限特例② 
①以外の世帯で、安心R住宅を購入しリフォームを行う場合は、上限を45万ポイントに引き上げ。

 

◆断熱改修

◆エコ住宅設備

※断熱改修かエコ住宅設備の設置のいずれかは、 
 必須工事となります。

 

◆バリアフリー改修

◆その他

 

 

 

ポイントの交換対象商品等について

・「新たな日常」、 「環境」、「安全・安心」、「健康長寿・高齢者対応」、
 「子育て支援、働き方改革」、「地域振興」に資する商品

・「新たな日常」(ワークスペース設置、空気環境向上工事等)及び「防災」に資する追加工事
 ※住宅の新築(賃貸)は追加工事のみ

詳細は別途、国土交通省のHP等にて公開されます。

 

その他 住宅支援策

「グリーン住宅ポイント制度」以外にも、

従来からの住宅支援策である住宅ローン減税や

住まい給付金など様々な政府施策が進められています。

重複申請可能なケースも複数ありますので、ご検討いただき不明な点は是非ご相談下さい。

 

「住宅ローン減税」が13 年間に再度延長

通常の「住宅ローン減税」では、住宅を購入する際に借入した

住宅ローンの毎年末の残高の1%を、所得税・住民税から

10年間にわたり控除が受けられるといった措置がされていました。

消費税が増税した際、緩和策として13年間にする制度が導入され、

更に、新型コロナウイルス感染拡大の影響から昨年度の税制改正では

緊急経済対策として、令和2年9 月までの契約分に限り

減税期間を3年間延長し13 年間に延長されました。

そして今回、令和3年度の税制改正によって、

これを更に延長し、令和3年9月末日までの契約分までとされました。

また、これまで住宅の床面積が50平米以上という条件が緩和されます。

 

「すまい給付金」最大50 万円に拡充

住宅ローン減税は、支払っている所得税等から控除する仕組みであり、

収入が低いほどその効果も小さくなります。

「すまい給付金」とは、そういった所得が低く所得税などの納税額が少ない人や

現金で住宅を取得した人の負担を軽減するものなので、

所得の額などによって給付額が変わります。

また、
・住宅取得に当たって住宅ローンを利用しているか利用していないか
・取得する住宅が新築住宅であるか中古再販住宅であるか  などよっても異なります。

 

「贈与税非課税枠」最大1500 万円に拡充

これまで、住宅の新築等の契約をした場合、

父母や祖父母から資金の贈与を受けても、

非課税枠は消費税率10%取得で1,500 万円(省エネ住宅等)、

それ以外の場合は1,000 万円(一般住宅)とされていましたが、

令和3年4月以降、非課税枠が縮減される予定でした。

しかし、今回の令和3年度の税制改革によって、

現在の非課税枠が令和3 年12 月31 日まで延長されることになりました。

 

これから家作りやリフォームを検討されている方

また、マイホームのお支払いに困っている方々には朗報ですね!

しかし、これらの制度は状況や条件によって

適用できるか異なります。

まずは、私たち住宅のプロにご相談ください!

広島のリフォーム