阿部でございます阿部でございます

こんにちは、阿部でございます。
本日、1月21日は「目の黄金比率の日」だそうです。
ご存知でしたか?

小田佳奈小田佳奈

こんにちは、小田です。
料理の黄金比率はよく聞きますが、
目にもあるのですか?

阿部でございます阿部でございます

白目と黒目の比率が「1:2:1」の瞳が
黄金比率と言われたことから、1月21日に制定されたそうです。
輝くような瞳について考える日なんだそうですよ。

小田佳奈小田佳奈

最近はマスクをする事が当たり前になっているので、
マスクから唯一出ている目だけでも、笑顔が作れるよう心掛けたいですね。
先日、お客様から「塀の汚れが目立つようになってきたので、一度見に来て頂けませんか?」と
ご連絡を頂き、広島市佐伯区で汚れが付着した大手塀の修理診断を行いました。

拝見したところ、白い塀の表面の至る所に

オレンジ色の汚れが付着していました。

塀は、隣家との境界線になり

外からの視線や侵入者、車の衝突などからお住まいやご家族を守っています。

 

塀は屋根・外壁と同じ様に、常に雨風や紫外線に晒されており、ダメージを受けています。

また、車の排気ガスやチリ・埃からも遮るものがなく、蓄積されていきます。

コケや藻が発生している場合は、水が溜まっている為

下地も脆くなりやすい状態であるというサインです。

 

また、塀に白い沈着物が付着する事を「白華(はっか)現象」と言います。

この現象は、ひび割れ(クラック)が原因で起こっている場合は、特に注意が必要です。

下地の内部は、強いアルカリ性を保つことで、

塀の中に使用されている鉄筋の腐食を防いでいます。

ひび割れから雨水が入り中性化が進むと、鉄筋が錆びてしまい

膨張して内側から下地を押し出す、爆裂現象が起きてしまいます。

比較的大きなひび割れが発生している場合は、早めに専門家へ相談しましょう。

 

今回の様なオレンジ色のシミは、

下地に張ってある「ラス網」という亜鉛鉄板性の金網が

ひび割れから侵入した雨水で錆びた事が原因と考えられます。

錆が含まれた水が表面に出てくるというケースは多く見られます。

塀の中が劣化している為、ひび割れが大きくなったり倒壊してしまうと、

近くにいた人を巻き込み怪我をさせてしまう等、事故に繋がる恐れがあります。

阿部でございます阿部でございます

塀は、常に人に見られている箇所でもあります。
綺麗で丈夫な塀を保つよう心掛けましょう。

小田佳奈小田佳奈

阿部さん、ありがとうございました。
塀や外壁でお困りのことがございましたら、
弊社へお気軽にご相談ください。