クリクリ笹木クリクリ笹木

こんにちは、クリクリ笹木です。
先日テレビで、スベスベマンジュウガニと呼ばれる
美味しそうなカニを見ました。
しかし、毒を持ったカニだそうです。

山根夕佳山根夕佳

こんにちは、山根です。
見た目や名前によらず、猛毒を持った植物や動物は意外に多いですよね。
今回は、広島市安佐北区で屋根漆喰の塗り替え工事を行いました。

工事情報

工事内容:屋根漆喰塗り替え工事
築年数:30年前後

【工事前】

工事の様子

瓦屋根に欠かせない漆喰は、棟などの土台を守る役割があります。

そんな漆喰は、定期的にメンテナンスを行う必要がありますが

メンテナンス時期を見逃してしまい、劣化を放置すると

屋根全体のダメージに繋がってしまいます。

クリクリ笹木クリクリ笹木

今回の様な和瓦の耐用年数は約50年~60年と長いですが
漆喰は瓦よりも寿命が短く、10~15年程度で表面が朽ちてきたり
剥がれやひび割れが発生します。
重症な雨漏りの原因にもなりますので、早めの補修を行いましょう。

山根夕佳山根夕佳

今回は、屋根漆喰の塗り替え工事の様子をお伝えします。

 

脚立を用いて屋根に上がり、養生をして工事開始です。

まず、既存の漆喰を取り除いていきます。

劣化した漆喰が残った状態で、新しい漆喰を塗布すると

下地と密着しない為、耐用年数よりも短い期間で剥がれてしまう恐れがあります。

専用のヘラを使って隅々まで丁寧に取り除きます。

この時、漆喰の下にある葺き土は残したままにしておきます。

 

次に、葺き土を整えていきます。

葺き土とは、漆喰の下地である土の事を指します。

葺き土の表面がデコボコであると、漆喰が塗りにくくなり

施工不良にも繋がるので、この工程で必ず平らにします。

漆喰が馴染みやすくなるように、霧吹きで湿らせて整えていきます。

 

そして、漆喰を塗布していきます。

隙間なく均一に塗布する事がポイントです。

棟瓦の隙間を埋める様、1つ1つ漆喰を塗布して仕上げていきます。

 

「漆喰を剥がして、塗るだけだろう」と

簡単な作業に思われるかもしれませんが、

霧吹きの水分量や漆喰の塗布量など、誤ってしまうと

更に屋根を劣化させてしまいます。

職人が長年培ってきた知識や技術が必要である為、DIYは控えましょう。

クリクリ笹木クリクリ笹木

漆喰が剥がれたまま放置すると、葺き土が崩れてしまったり
瓦の抜け落ちや雨漏りなどの被害がどんどん拡がっていきます。
人間と同じように、傷が浅い内にメンテナンスを行いましょう。

山根夕佳山根夕佳

笹木監督、ありがとうございました。
大きな屋根の中の漆喰という小さな箇所が劣化するだけでも
屋根全体のダメージに繋がってしまうのですね。
屋根に関するお悩みは、弊社にお任せください。