グレイト石川グレイト石川

こんにちは、グレイト石川です。
本日1月21日は「ライバルが手を結ぶ日」との事です。
変わった名前の記念日ですし、何の事かピンとこない方も多いと思います。
木戸孝允と西郷隆盛らが京都で会見し、
倒幕の為に薩長同盟を結んだ日という事が由来だそうです。

小田佳奈小田佳奈

こんにちは、小田です。
歴史の授業で習ったり、大河ドラマでも扱われて有名な話ですよね。
今回は、廿日市市でクロス貼り替え工事を行いました。

工事情報

工事内容:クロス貼り替え工事
築年数:35年前後

【工事前】

工事の様子

お住まいのクロスに汚れている箇所はありませんか?

クロスは生活と密接である為、汚したという自覚がなくても

徐々に汚れが蓄積されていきます。

 

今回の様な黒ずみは様々な原因によって発生します。

最も多いのは手垢や油汚れです。

油や水を多く使用するキッチンは、他の部屋と比較して

特に汚れが付着しやすいです。

また、今回はタペストリーなどを貼っていた箇所にカビが発生していました。

グレイト石川グレイト石川

汚れは付着して早い内であると、
市販の中性洗剤を使用して拭き取る事で簡単に落とす事が出来ます。
定期的にメンテナンスをしましょう。

小田佳奈小田佳奈

今回は、クロス貼り替え工事の様子をお伝えします。

 

室内の家具や家電を移動させ、養生をして工事開始です。

まずは既存のクロスを剥がしていきます。

剥がしたクロスは再利用しない為、綺麗な状態で剥がさなくても良いですが

力任せに剥がすと壁の下地まで傷めてしまう可能性があります。

強力にくっついている箇所には工具なども使用し、丁寧に取り除いていきます。

 

剥がし終えたら、下地を整えていきます。

「クロスは下地が8割」と言われる事もある程、下地は重要です。

下地が平滑でなければ、施工後のクロスも平らになりません。

充填剤を使用して、下地の凹凸や繋ぎ目、釘・ビスなどの穴を埋めていきます。

この様な作業をパテ処理といいます。

 

そして、クロスを貼り付けて仕上げていきます。

工事前と同じような白いクロスを使用しました。

クロスがヨレたりしない様、少しずつ引っ張りながら下地に貼り付けていきます。

もしも皺が出来て空気が入ってしまうと、

そこからどんどん剥がれていく事もあるので、丁寧に作業を進めます。

 

販売されているクロスは、なんと数千種類にも及ぶ為

どの様な色・素材にするか、悩んでしまいますよね。

色は、室内の印象に大きく影響します。

今回の様な白色であると、部屋を明るく・広く見せる効果があり

反対に黒色であると、室内に重厚感や高級感を演出します。

また、素材はビニールクロスが最も多く使用されていますが、

最近では、ウイルス抑制効果や調湿効果のある

アレスシックイ」という素材が注目されています。

グレイト石川グレイト石川

室内のクロスの貼替目安は約10年と言われています。
リフォームの際にはデザインや素材を変えて、
より快適な住空間にしましょう。

小田佳奈小田佳奈

石川監督、ありがとうございました。
室内のクロスや天井の内装工事だけでなく、
屋根や外壁工事も行っています。
お気軽にご相談ください。